Junta leader barred from attending ASEAN summits ミャンマー軍政府指導者、ASEAN首脳会議への出席を禁じられる


From the THE IRRAWADDY (4 October 2022) .
THE Irrawaddyの記事を和訳して紹介します。

Myanmar junta leader Min Aung Hlaing has not been invited to the upcoming regional summits hosted by the Association of Southeast Asian Nations (ASEAN), in another major blow to the regime.

ミャンマー軍政指導者ミン・アウン・フラインは、東南アジア諸国連合(ASEAN)主催の次期地域サミットに招待されず、軍政権にとってはまたひとつ大きな打撃となった。

Cambodia, which holds the rotating chair of the bloc, said it sent out invitations to all ASEAN member states except Myanmar. The snub comes after the regime failed to implement the ASEAN peace plan drafted for conflict-torn Myanmar following the February 2021 coup.

ASEANの議長国を務めるカンボジアは、ミャンマーを除くすべてのASEAN加盟国に招待状を送ったという。2021年2月のクーデター後、紛争で苦しむミャンマーのために起草されたASEAN和平計画を、軍政権が実施できなかったことを受けての対応である。

The 40th and 41st ASEAN summits are scheduled for next month in Phnom Penh. Exclusion from the summits is another major diplomatic blow to the junta, which has been desperate for international recognition as the legitimate ruler of the country since its takeover.

第40回と第41回のASEAN首脳会議は来月にプノンペンで予定されている。このサミットからの除外は、クーデターによる政権奪取以来、国の正当な支配者として国際的に認められようと必死になっている軍政権にとって、大きな外交的打撃となる。

Min Aung Hlaing and his junta have been barred from ASEAN and related meetings at least four times since the coup. Instead, Myanmar has been asked to send non-political representatives, as the bloc imposed unprecedented punishment for the regime’s failure to implement its peace plan.

ミン・アウン・フラインとその政権は、クーデター以来、少なくとも4回、ASEANとその関連会議から締め出されている。和平計画を実行しない政権に対し、ASEAN諸国は前例のない懲罰を課し、その代わりに、非政治的な代表を送るよう要請している。

Chum Sunry, spokesman for Cambodia’s Ministry of Foreign Affairs and International Cooperation, told the Phnom Penh Post on Tuesday: “We have suggested that Myanmar send only a non-political representative [to next month’s summits].”

カンボジアの外務・国際協力省のスポークスマンであるChum Sunry氏は、火曜日のプノンペンポスト紙に次のように語った。「我々はミャンマーが(来月のサミットに)非政治的な代表者だけを派遣するよう提案した」

Myanmar has been a thorn in ASEAN’s side since the coup last year sparked a popular uprising. In an effort to settle the social and political turmoil, the bloc drafted a peace plan known as the Five-Point Consensus in April last year. However, instead of implementing the plan, which includes an immediate cessation of violence, the regime continues to commit extrajudicial killings and arbitrary arrests of civilians who oppose military rule. So far, the junta has killed more than 2,000 people while torching villages and homes in resistance strongholds across the country. The 10-nation regional bloc has responded with the rare move of blocking the regime from attending its summits.

昨年のクーデターが民衆の反発を受けて以来、ミャンマーはASEANにとってもトゲのような存在になっている。この社会的・政治的混乱を収拾するため、ASEANは昨年4月、「5項目の合意」として知られる和平計画を起草した。しかし、軍政権は暴力の即時停止を含むこの計画を実行する代わりに、軍政に反対する市民を超法規的に殺害し、恣意的に逮捕し続けている。これまで、政権は全国の抵抗勢力の拠点で村や家を焼き払いながら、2000人以上を殺害してきた。その結果、10カ国からなる地域圏ASEANは、首脳会議への出席を阻止するという異例の対応をとってきた。

Junta chief Min Aung Hlaing was excluded from regional summits in October 2021 and the US-ASEAN Special Summit in Washington last month. Junta Foreign Minister Wunna Maung Lwin was also barred from the bloc’s foreign ministers’ meetings in February and August this year.

ミン・アウン・フラインは2021年10月の地域サミットと先月ワシントンで開催された米国・ASEAN特別首脳会議から排除された。ワナ・マウン・ルイン外相も今年2月と8月に開催された同国外相会合から締め出された。

Although it has excluded the junta from meetings, ASEAN is still under fire for sticking to a peace plan that has proved ineffective in reining in the military regime.

軍事政権を会議から排除したものの、ASEANは、軍事政権を抑制するのに有効でないことが証明された和平計画に固執しているとし、依然として非難も浴びている。

Meanwhile, member states of the bloc are also divided over what action to take on Myanmar. Cambodia favors negotiating with the junta but Malaysia prefers a tougher approach, including engagement with Myanmar’s opposition and civilian National Unity Government (NUG).

一方、ASEANの加盟国も、ミャンマーに対してどのような行動をとるべきかで意見が分かれている。カンボジアは軍事政権との交渉に前向きだが、マレーシアは野党や民間の国民統合政府(NUG)への関与を含め、より厳しいアプローチを望んでいる。

Addressing the United Nations General Assembly last month, Malaysian Prime Minister Ismail Sabri Yaakob expressed disappointment at the lack of progress in implementing the ASEAN peace plan. “In its current form, the ASEAN Five Point Consensus cannot continue any longer. Therefore, this consensus needs to be given a new lease of life and refined based on a clearer framework, timeframe and end goal,” he said.

マレーシアのイスマイル・サブリ・ヤコブ首相は先月、国連総会で演説し、ASEAN和平計画の実施が進んでいないことに失望を表明している。「現在の形では、ASEAN5項目のコンセンサスをこれ以上継続することはできない。したがって、このコンセンサスに新たな息吹を与え、より明確な枠組み、時間枠、最終目標に基づいて改良する必要がある」と述べた。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

Open letter from 288 organizations calling for concrete action against the Myanmar military – 288の団体より ミャンマー国軍に対し具体的な行動を求める公開書簡Open letter from 288 organizations calling for concrete action against the Myanmar military – 288の団体より ミャンマー国軍に対し具体的な行動を求める公開書簡

米国に宛ての公開書簡で少し長いですが、ミャンマー軍事政権による国民への弾圧を止めるために国際社会が取らなければならない行動がわかりやすくまとめられています。 Although written to the United States, this open letter is a clear summary of the actions that the international community must take to stop

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial