Yellow peas and rice for breakfast 黄えんどう豆と米の朝食

Another short interview from the people who need our help in Myanmar.
助けを必要としているミャンマーの家族のインタビューです。

“My name is Moe San and I am 45 years old.  There are 3 in our family.  

My husband lost his job. I am the main bread maker of our family.  

I boiled yellow peas (Pae-Pyote) in the morning. This is a famous Myanmar breakfast eaten with rice. 

Thank you so much for donating rice and if you have plans for the next donation, please kindly donate rice.  

Our house needs to be repaired, there are holes in the roof and it’s almost impossible to live during the rainy season.  But it is impossible to repair because of our current financial condition. “

「モイ・サン、45歳です。3人家族ですが、夫の仕事がなくなってしまったので、私の収入が頼りです。

今朝は黄えんどう豆を茹でました。Pae-Pyoteと言って、米と一緒に食べるのがミャンマーの典型的な朝の食事です。

米の寄付を本当にありがとうございました。もしまた機会があれば、次もどうか米をお願いします。

家の修理も必要です。屋根に穴があいてるので雨季は本当に困るんですが、今の経済状況では直す余裕がありません。」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

“If this continues, they will be lost in the future without proper education.” 「このまま教育を受けずに大人になれば、未来を描くことができません」“If this continues, they will be lost in the future without proper education.” 「このまま教育を受けずに大人になれば、未来を描くことができません」

Here is an interview with one of the parents in Satawm village, where Heartship Myanmar Japan has helped to restart education. ハートシップからの寄付で この夏から学校が再開したチン州サタウム村から、保護者のインタビューが届きました。 “The school