2022 New Year Greetings 今年もどうぞよろしくお願いいたします

These aerial shots are from Satawm village in Chin state, Myanmar. (Shot in 2017)  
We are so grateful to family and friends who have supported the launch of Heartship Myanmar Japan. Hoping that 2022 will be a better year for Myanmar, we will continue to do whatever we can.

写真は2017年に撮影されたミャンマー、チン州にある小さなサタウム村です。
ハートシップ・ミャンマー・ジャパンの立ち上げから今日まで、支援してくださった友人家族の皆様に心から感謝いたします。今年はミャンマーの現状が少しでも好転することを願いつつ、できることをコツコツと続けていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Satawm village (2017)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

死刑宣告を受けた元ヒップホップ・スターとそれが意味すること死刑宣告を受けた元ヒップホップ・スターとそれが意味すること

This is a Japanese edited version of an opinion article on CNN. CNNに掲載されたZin Mar Aungミャンマー国民統一政府(NUG)外務大臣によるオピニオン記事を短く編集し日本語訳しました。 Zeyar Thawがミャンマー初のヒップホップ・アルバムをリリースしたのは2000年のこと。当時のミャンマーでは、これはほとんど革命だった。彼のラップは、多くの人の人生に影響を与え、自由を求めるその声は、必然的に彼を政治の世界へと導いた。 2011年、政治活動のために刑務所に入った後、ちょうど民主主義への移行が始まった頃、Zeyar Thawは釈放され、国会議員に選ばれた。 今、彼は死刑囚監房に座っている。数週間前、Zeyar Thawと仲間の活動家Ko Jimmyは、2021年2月に政権を奪った軍政によって死刑を宣告されたのである。このまま死刑が執行されれば、ミャンマーでは数十年ぶりのこととなる。 何の罪を犯したのか。 国軍側は、彼らが「テロ行為に関与した」としている 彼らは自由を信じ、求めただけである

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial