Confirmed deaths of NGO staff by the military / 軍によるNGOスタッフ殺害が明らかに

Latest reports confirmed the deaths of Save the Children staff. (The following is a Japanese translation of the report by NHK World-Japan.)
国軍による攻撃でNGOセーブ・ザ・チルドレンのスタッフも殺害されていたことが明らかになりました。以下、NHK World-Japanの報道内容の和訳です。

ミャンマー軍がNGOスタッフを殺害

国際支援団体セーブ・ザ・チルドレンは、ミャンマー東部で遺体が発見された民間人犠牲者35人の中に、現地スタッフ2人が含まれていると発表しました。

同団体によると、1人は32歳、もう1人は28歳の男性。2人は事務所に戻る途中、金曜日にカヤ州で発生した襲撃事件に巻き込まれたといいます。

ミャンマーではセーブ・ザ・チルドレンのスタッフが900人ほど活動しているが、襲撃を受けた後、カヤ州および他のいくつかの地域での活動を停止したとのことです。

セーブ・ザ・チルドレンは、「援助者を含む罪のない民間人に対する暴力は耐え難いものです」と声明を発表しています。また、”民間人と我々のスタッフに対して行われた暴力に震撼している “と述べています。

カヤでは、軍と民主化派の武装グループが激しい戦闘を繰り広げています。

反乱軍は土曜日に、軍が女性や子どもを含む35人の民間人を殺害し、犠牲者の遺体といくつかの車両を燃やしたと発表しました。

国軍はこれらの主張に反論し、国営メディアは、車両に乗った武装勢力が兵士に発砲したことで戦闘が発生したと報じている。

米国の声明「罪のない人々を標的にすることは容認できない」

米国のアントニー・ブリンケン国務長官は12日、声明を発表し、「罪のない人々や人道的活動家を標的にすることは容認できない」と述べました。

ブリンケン氏は国際社会に対し、「軍への武器やデュアルユース技術の販売をやめることを含め、ビルマにおける残虐行為の再発を防ぐためにさらなる努力をするよう」求めた。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Related Post