STATEMENT: BURNED BODIES OF WOMEN, CHILDREN FOUND IN MYANMAR; NGO STAFF MISSING 女子供の焼死体も【声明】NGOのスタッフが行方不明に

Sadly, there was a brutal attack by the Myanmar military on Christmas day, Dec 25, 2021. Global NGO Save the Children has announced this statement.

残念なことに2021年12月25日、クリスマスの日にミャンマー国軍による非道な攻撃がありました。それに対し、国際的なNGOセーブ・ザ・チルドレンが声明を出しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

Air raid in Satawm (Chin state, Myanmar) – Education on hold サタウム(ミャンマー,チン州)付近で空爆のため教育支援中断Air raid in Satawm (Chin state, Myanmar) – Education on hold サタウム(ミャンマー,チン州)付近で空爆のため教育支援中断

We have some unfortunate news. There has been heavy airstrike near Satawm in Chin State, Myanmar, where we reopened the school this summer. 残念なお知らせです。 この夏、学校を再開したミャンマー・チン州のサタウム付近で激しい空爆がありました。

How Myanmar Protests Morphed Into an Armed Uprising ミャンマーの抗議活動が武装蜂起に発展するまでHow Myanmar Protests Morphed Into an Armed Uprising ミャンマーの抗議活動が武装蜂起に発展するまで

This article by NHK WORLD-Japan is a good summary of what is happening in Myanmar since the military coup.https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/backstories/1805/Photo Credit@NHK WORLD-Japan NHKワールドJapanのこちらの記事が、クーデター後のミャンマーの出来事をまとめているので紹介させていただきます。 ミャンマーの抗議活動が武装蜂起に発展するまで クーデター直後のミャンマーでは、街中にデモ隊があふれ、鍋を叩く音が響いていた。しかし、9カ月が経過した今、抵抗の形は変わり、非暴力で始まった運動は、全国規模の武装蜂起へと発展している。 平和的抗議活動から武装革命へ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial