Junta attack on citizens continue 止まない攻撃


The people of Myanmar are living in the ugliest and bloodiest time in their history.  Since March this year, the junta has upped its brutality, conducting air strikes on its own people, attacking villages, robbing and burning houses and killing innocent people. The PDF (People’s Defence Force) has been fighting back resulting in many casualties on both sides.

ミャンマーの人々は今、史上最も殺伐とした、血なまぐさい時代を生きています。 今年の3月以降、国軍はその残忍さを増し、自国民への空爆、村への攻撃、強盗や家屋の焼き討ちを次々と実行するなど、罪のない人々を殺害しています。対するPDF(人民防衛軍)も反撃に転じ、双方に多くの死傷者が出ています。

International news is covering the recent attack in the Sagaing region that has killed more than 100 people, mostly women and children. This is only one of the many attacks that are being conducted across the country.

サガイン地方で起きた100人以上(ほとんどが女性や子ども)の死者を出した空爆のニュースが国際的に取り上げられていますが、これは、国中で行われている多くの攻撃のひとつに過ぎません。

BBC リンク 

NHKリンク


Heartship Myanmar Japan’s Sawmi spoke with her niece who lives in Sagaing. She has escaped to her sister’s house located 6 hours away by car.

ハートシップ・ミャンマー・ジャパンのソウミが、サガインに住む姪と話をしたところ、彼女は車で6時間離れた姉妹の家に避難しているとのこと。

She has sent us these videos.

撮影した動画を送ってくれました。


About 500,000 villagers from 17 villages in the Saging region have fled to Kalay and other cities for refuge. 

These people are trapped with no job and very little money.

サゲイン地方の17の村から、約50万人の村人がカレーや他の町に避難しています。

仕事もなく、経済的にもひっ迫した状態で、大勢のミャンマー国民が追い詰められています。


UNHCR is also asking to help these people in Myanmar.
UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)も、避難生活を余儀なくされたミャンマー国民への支援を呼びかけています。
支援リンク

In some parts of Kalay, the junta has cut internet connection. 

なお、カレーの一部では、国軍がインターネット接続を遮断しているとのことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

Tortured to death: Myanmar mass killings revealed 拷問死:明らかになったミャンマー大量殺戮Tortured to death: Myanmar mass killings revealed 拷問死:明らかになったミャンマー大量殺戮

BBC investigated and reported about mass killings by the Myanmar military. Below is a Japanese translation.イギリスBBCが調査・報道したミャンマー国軍による虐殺についての記事を紹介します。リンク先に動画(英語)あり。以下、記事の和訳です。 ******************************************* ミャンマー軍は7月に民間人の大量殺戮を行い、少なくとも40人の男性が死亡したことがBBCの調査で明らかとなった。 目撃者や生存者によると、(17歳ほどの若者を含む)兵士たちが村人を集め、男性を選び出して殺害したという。事件のビデオ映像や画像を見ると、殺された人のほとんどが最初に拷問を受け、浅い墓に埋められていた。 この虐殺事件が起きたのは7月。ミャンマー中部サガイン郡、反政府勢力の拠点であるKaniカニで4度にわたった。 2月の軍事クーデター後に民主化を求め民兵グループが攻撃を仕掛けたことに対する集団的処罰と考えられています。軍事政権のスポークスマンは、この疑惑を否定していない。 軍は、アウンサンスーチー氏が率いる民主的に選出された政府を追放してビルマを掌握して以来、民間人からの抵抗に直面している。 BBCでは、Kaniカニの11人の目撃者に話を聞き、ミャンマーにおける人権侵害を調査している英国のNGO団体Myanmar Witnessが収集した携帯電話の映像や写真と比較した。 最大の殺害事件はYinイン村で発生し、少なくとも14人の男性が拷問や暴行を受けて死亡し、その遺体が森林の溝に投げ込まれている。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial