At least 64 Chins killed by airstrikes conducted by Myanmar junta since coup クーデター後、ミャンマー国軍の空爆により少なくとも64人のチン族が死亡


Since the military coup, fighting between the military and civilian resistance forces has continued throughout Myanmar. In Chin State, where Heartship Myanmar Japan is conducting school reopenings and mobile clinics.
Here is an article summarizing information on airstrikes and casualties so far.
クーデター以後、ミャンマー各地で国軍と民間の抵抗勢力による戦闘が続いていますが、中でもハートシップ・ミャンマー・ジャパンで学校再開や移動クリニックを実施しているチン州は、ターゲットとされています。
以下は、これまでの空爆と死傷者の情報をまとめた記事の和訳です。

Introduction はじめに

Over a period of just over two years, the Myanmar junta declared martial law in areas with strong resistance and conducted targeted offensives. The fighting intensified in Kayah State, Southern Shan State, Karen State, Chin State, and Sagaing Region. To launch these offensive attacks, the junta heavily relied on air reinforcements due to the deterioration of its armed forces and the strengthening of the people’s resistance groups.

ミャンマー国軍は2年余りにわたり、抵抗勢力の強い地域に戒厳令を敷き、攻勢を継続。カヤー州、シャン州南部、カレン州、チン州、サガイン地方で戦闘が激化した。軍備の劣化、そして抵抗勢力の増大により、国軍は空爆による攻撃に依存してきたと言える。

SAC junta’s air attacks since seizing power クーデター後の空爆

Since February 2021 until April 30, 2023, the SAC junta carried out at least 77 airstrikes in areas inhabited by the Chins (Chin State and Kalay District in Myanmar). These attacks resulted in the loss of at least 64 Chins and caused damage to 147 homes and religious buildings. Approximately 71.42 percent of these airstrikes occurred within the first four months of 2023 (January to April), while only 20.77 percent took place in 2022. Only 7.79 percent of airstrikes were reported in Chin State and Kalay District in 2021.

2021年2月から2023年4月30日まで、国軍はチン州で少なくとも77回の空爆を実施した。これらの攻撃により少なくとも64人のチン族が死亡し、147の家屋や宗教建築物に被害が発生している。空爆の約71.42パーセントは2023年1月から4月に発生し、2022年の発生は20.77パーセント。その前の2021年にチン州およびカレイ地区で報告された空爆は全体の7.79パーセントである。

Note – Only military airplanes or helicopters that carried out attacks were included in the count. Instances where military aircraft flew without deploying bombs or firing any weapons were not included.

注)集計対象は攻撃を行った軍用機または軍用ヘリコプターのみ。軍用機が爆弾の配備や武器の発射を行わずに飛行した場合は含まれていない

Airstrikes in 2021 2021年の空爆まとめ

During May 14-15, 2021, the SAC troops used fighter jets and scout planes to attack Mindat town in southern Chin State. On September 10, 2021, during the battle at Lungler village in Thantlang Township, SAC troops conducted air raids using fighter planes, damaging 34 houses and Church buildings.

2021年5月14日から15日にかけて、部隊は戦闘機や偵察機を用いてチン州南部のミンダット町を攻撃。2021年9月10日、Thantlangのルングラー村で戦闘機による空襲を行い、34軒の家屋と教会に損害を与えた。

Airstrikes in 2022   2022の空爆まとめ

In 2022, the Myanmar military conducted 16 airstrikes in areas where most of the Chins reside. In those 14 instances, the SAC military used helicopters and jet fighters to drop at least 25 bombs. As a result of these bombings, 5 Chin civilians were killed and one was injured, 8 residential houses, one Christian church building and a school were destroyed.

2022年、ミャンマー国軍はチン族が多く居住する地域で16回の空爆を行った。そのうち14回ではヘリコプターとジェット戦闘機を用いて少なくとも25個の爆弾を投下。これらの爆撃の結果、チン族の民間人5人が死亡、1人が負傷し、住宅8棟、キリスト教の教会堂1棟、学校1棟が破壊された。

Airstrikes in 2023 2023年の空爆まとめ

In 2023, the Myanmar military intensified its airstrikes against the Chin people. Within just four months, from January 2023 to April 30, they conducted no fewer than 55 airstrikes.

2023年、ミャンマー軍はチン族に対する空爆を激化させた。2023年1月から4月30日までのわずか4カ月間で、55回もの空爆を行ったのである。

Mindat Township was targeted 13 times, resulting in the dropping of 38 bombs. This led to the deaths of six innocent civilians, injuries to seven others, and the destruction of one school building, one Christian church building, and at least ten residential houses.

中でもMindatは13回攻撃され、38発の爆弾が投下された。その結果、罪のない市民6人が死亡、7人が負傷し、校舎1棟、キリスト教会1棟、少なくとも10戸の住宅が破壊された。

The SAC junta carried out three airstrikes in Matupi Township, dropping six bombs and destroying one school building.

Matupi では3回の空爆を行い、6発の爆弾を投下し、1つの校舎を破壊した。

Hakha Township experienced six air attacks with 29 bombs, resulting in the destruction of at least 17 residential houses and one Christian church building.

Hakhaでは6回の空爆があり、29個の爆弾が投下され、少なくとも17戸の住宅とキリスト教会の建物1棟が破壊された。

Thantlang township was attacked 16 times air and 27 bombs were dropped, leading to the deaths of at least 19 people, injuries to at least 21 individuals, and the destruction of 46 homes and at least three Christian church buildings.

Thantlangは16回の空襲を受け、27個の爆弾が投下され、少なくとも19人が死亡し、少なくとも21人が負傷し、46軒の住宅と少なくとも3軒のキリスト教会が破壊された。

Falam Township witnessed five air raids with 20 bombs dropped. These attacks caused the deaths of 12 civilians and one resistance member, injured seven others, and destroyed at least 10 residential houses.

Falamは5回の空襲を受け、20個の爆弾が投下された。民間人12人とレジスタンス戦闘員1人が死亡、7人が負傷し、少なくとも10軒の住宅が破壊された。

Tedim Township was targeted twice, with three bombs dropped by airstrikes, resulting in the deaths of two Chin resistance members.

Tedimは2回標的にされ、3発の爆弾が空爆で投下され、2人のチン・レジスタンスメンバーが死亡した。

Furthermore, in the city of Kalay town and nearby villages where the Chins reside, the military conducted 10 airstrikes, dropped 21 bombs, and utilized machine guns from helicopters. These attacks caused the deaths of at least five innocent civilians, injuries to 3 others and the destruction of at least 17 residential houses and two church buildings.

さらに、チン族が居住するKalay町とその周辺の村では、10回の空爆を行い、21個の爆弾を投下し、ヘリから機関銃を使用した。攻撃により少なくとも5人の無実の市民が死亡し、3人が負傷し、少なくとも17の住宅と2つの教会堂が破壊された。

Deaths due to air strikes  空爆による死亡者まとめ

Since the Myanmar Military staged the coup d’état (from February 2021 to April 30, 2023), at least 440 Chins have been killed, with at least 64 people losing their lives due to airstrikes which also caused injuries to at least 41 people. Additionally, these airstrikes destroyed at least 147 houses and religious buildings.

ミャンマー国軍がクーデターを起こして以来(2021年2月から2023年4月30日まで)、少なくとも440人のチンが殺害され、64人が空爆により命を落とし、41人が負傷している。また、少なくとも147棟の家屋や宗教建築物が破壊された。

People of Webula town burying victims of airstrikes on April 10, 2023 (Photo: Citizen journalist)

People of Webula town burying victims of airstrikes on April 10, 2023 (Photo: Citizen journalist)

Offensive Attacks by the SAC junta against the Chin people 

国軍によるチン族への激しい攻撃

Out of the nearly 700 battles that occurred between the Myanmar military and the Chin resistance groups, the SAC military deployed air reinforcements in at least 77 instances. Chin State experienced the third highest number of clashes in Myanmar, as numerous battles took place between the Myanmar military and various people’s resistance groups throughout the country.

ミャンマー国軍とチン族の抵抗組織との間で発生した約700件の戦闘のうち、軍は少なくとも77件で航空援軍を投入。ミャンマー国軍と様々な人民抵抗組織との間で多くの戦闘が行われ、チン州はミャンマーで3番目に戦闘が多い州である。

Violations of International Customary Humanitarian Laws

国際人道法への違反

Civilian protection is of utmost importance during conflicts. This principle is commonly expressed in both customary international humanitarian law and treaties. The continuous differentiation between combatants (SAC junta troops and resistance groups) and civilians, the proportionate use of force, humanitarian considerations (unintended side effects and deaths), protection of civil and religious structures, are typically outlined in humanitarian laws pertaining to warfare.

紛争時には、民間人の保護が最も重要である。この原則は、国際人道法と条約の両方で表現されている。国軍と抵抗勢力、民間人の区別、武力行使の範囲、人道的配慮(意図しない副作用や死)、市民・宗教構造の保護などは、戦争に関わる人道法に概説されている。

The Nationwide Ceasefire Agreement (NCA) signed between ethnic armed groups and the Myanmar military includes provisions such as the prohibition of landmines, the safeguarding of children, prevention of sexual violence, and promotion of gender equality.

民族武装集団とミャンマー国軍との間で締結された全国停戦協定(NCA)には、地雷の禁止、子どもの保護、性暴力の防止、男女平等の推進などの条項が含まれている。

The SAC military conducted 77 airstrikes against the Chins, resulting in at least 64 casualties, with only 10 (15%) being members of the Chin resistance groups. The remaining 85 percent (54 persons) were innocent civilians. 

前述の通り、国軍はチン族に対して77回の空爆を行い、少なくとも64名の死傷者を出したが、抵抗組織のメンバーはわずか10名(15%)であった。残りの85%(54人)は罪のない民間人である。

This clearly indicates that the SAC military was engaging in indiscriminate attacks, failing to differentiate between civilians and combatants or between civilian structures and military targets. Such actions are in violation of Customary International Humanitarian Law.

このことは、国軍が民間人と戦闘員の区別、あるいは民間建造物と軍事目標の区別をつけず、無差別攻撃に従事していたことを明確に示している。このような行為は、国際人道法に違反している。

Furthermore, by carrying out these attacks, the SAC military was also breaching the rules pertaining to civilians among the 161 rules of Customary International Humanitarian Law. These rules encompass the distinction between civilians and combatants, the differentiation between civilian structures and military objectives, non-discriminatory targeting, proportionality in attacks, precautions in attacks, prevention of harm resulting from attacks, protection of specially designated persons and objects (such as medical and religious personnel and facilities), general regulations on weapon usage, incendiary weapons, displacement, and the protection of displaced persons.

さらに、国軍は、これらの攻撃を行うことで、国際人道法慣習161規則のうち、民間人に関する規則にも違反している。これらの規則には、民間人と戦闘員の区別、民間構造物と軍事目標の区別、非差別的標的、攻撃の比例性、攻撃の予防措置、攻撃による被害の防止、特別に指定された人および物(医療関係者や宗教施設など)の保護、武器使用に関する一般規則、焼夷弾、避難、避難民の保護が含まれる。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

Tortured to death: Myanmar mass killings revealed 拷問死:明らかになったミャンマー大量殺戮Tortured to death: Myanmar mass killings revealed 拷問死:明らかになったミャンマー大量殺戮

BBC investigated and reported about mass killings by the Myanmar military. Below is a Japanese translation.イギリスBBCが調査・報道したミャンマー国軍による虐殺についての記事を紹介します。リンク先に動画(英語)あり。以下、記事の和訳です。 ******************************************* ミャンマー軍は7月に民間人の大量殺戮を行い、少なくとも40人の男性が死亡したことがBBCの調査で明らかとなった。 目撃者や生存者によると、(17歳ほどの若者を含む)兵士たちが村人を集め、男性を選び出して殺害したという。事件のビデオ映像や画像を見ると、殺された人のほとんどが最初に拷問を受け、浅い墓に埋められていた。 この虐殺事件が起きたのは7月。ミャンマー中部サガイン郡、反政府勢力の拠点であるKaniカニで4度にわたった。 2月の軍事クーデター後に民主化を求め民兵グループが攻撃を仕掛けたことに対する集団的処罰と考えられています。軍事政権のスポークスマンは、この疑惑を否定していない。 軍は、アウンサンスーチー氏が率いる民主的に選出された政府を追放してビルマを掌握して以来、民間人からの抵抗に直面している。 BBCでは、Kaniカニの11人の目撃者に話を聞き、ミャンマーにおける人権侵害を調査している英国のNGO団体Myanmar Witnessが収集した携帯電話の映像や写真と比較した。 最大の殺害事件はYinイン村で発生し、少なくとも14人の男性が拷問や暴行を受けて死亡し、その遺体が森林の溝に投げ込まれている。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial