Airstrike kills 60 people at concert カチン州で空爆、コンサートで60人死亡


This airstrike occurred on Monday, Oct 24. Below is an article in the Guardian. The news has been covered by other media such as the BBC and NHK.
10月24日(月)に起きた空爆について伝えるGuardianの記事と和訳を紹介します。BBCNHKでも取り上げられているニュースです。

Myanmar’s military has killed 60 people, including musicians, in a devastating airstrike that targeted a concert held by a rebel faction of the country’s minority Kachin ethnic group, according to organisers and a rescue worker.

ミャンマー国軍は少数民族カチン族の反政府派が開催したコンサートを標的とした大規模な空爆を行い、ミュージシャンを含む60人が命を落としたと、現地のイベント主催者および救助に当たった人が証言している。

ミャンマー北部のカチン州

The reported attack came three days before south-east Asian foreign ministers were due to attend a special meeting in Indonesia to discuss the widening violence in the country.

この攻撃は、インドネシアで開かれるASEAN特別会合でミャンマー国内での暴力拡大について議論する予定だった3日前に起きた。

The number of casualties at the celebration in the northern state of Kachin appeared to be the highest in a single air attack by the military since it seized power in a coup in February last year, overthrowing the elected government of Aung San Suu Kyi.

今回の北部カチン州での祝典での死傷者の数は、アウンサンスーチー政権を不服とした昨年2月のクーデター以来、1回の空爆としては最も多いとされている。

It was not possible to independently confirm details of the incident, although media sympathetic to the Kachin people posted videos that showed what was said to be the attack’s aftermath, showing splintered and flattened wooden structures. Footage showed damaged motorcycles, plastic chairs and other debris scattered on the ground.

事件の詳細は確認できていないものの、SNSでは空爆後に粉々になった木造建築物を映した映像などが投稿され、メディアはカチン族に同情的な立場をとっている。映像では、破損したオートバイやプラスチック製の椅子などの瓦礫が地面に散乱している様子なども映し出されていた。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

Tortured to death: Myanmar mass killings revealed 拷問死:明らかになったミャンマー大量殺戮Tortured to death: Myanmar mass killings revealed 拷問死:明らかになったミャンマー大量殺戮

BBC investigated and reported about mass killings by the Myanmar military. Below is a Japanese translation.イギリスBBCが調査・報道したミャンマー国軍による虐殺についての記事を紹介します。リンク先に動画(英語)あり。以下、記事の和訳です。 ******************************************* ミャンマー軍は7月に民間人の大量殺戮を行い、少なくとも40人の男性が死亡したことがBBCの調査で明らかとなった。 目撃者や生存者によると、(17歳ほどの若者を含む)兵士たちが村人を集め、男性を選び出して殺害したという。事件のビデオ映像や画像を見ると、殺された人のほとんどが最初に拷問を受け、浅い墓に埋められていた。 この虐殺事件が起きたのは7月。ミャンマー中部サガイン郡、反政府勢力の拠点であるKaniカニで4度にわたった。 2月の軍事クーデター後に民主化を求め民兵グループが攻撃を仕掛けたことに対する集団的処罰と考えられています。軍事政権のスポークスマンは、この疑惑を否定していない。 軍は、アウンサンスーチー氏が率いる民主的に選出された政府を追放してビルマを掌握して以来、民間人からの抵抗に直面している。 BBCでは、Kaniカニの11人の目撃者に話を聞き、ミャンマーにおける人権侵害を調査している英国のNGO団体Myanmar Witnessが収集した携帯電話の映像や写真と比較した。 最大の殺害事件はYinイン村で発生し、少なくとも14人の男性が拷問や暴行を受けて死亡し、その遺体が森林の溝に投げ込まれている。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial