Federal Festival in Tokyo ミャンマー多民族祭り


Federal Festival (ミャンマー多民族祭り= Myanmar Ethnic Group Festival)  was held on November 27th in Kameido, Tokyo.

11月27日、東京・亀戸でミャンマー多民族祭りが開催されました。

Followed by an opening ceremony,  there were talks about federal democracy which the people of Myanmar are fighting for.  After that, there were many stage performances such as traditional dances of different ethnic groups, music performances, and an ethnic costume fashion show.

オープニング・セレモニーに続き、ミャンマーの人々が切望する民主国家についての講演が行われ、その後は各民族の伝統舞踊や音楽パフォーマンス、民族衣装のファッションショーなど、盛りだくさんのステージとなりました。

Various types of Myanmar food were sold and enjoyed by both Myanmar and Japanese visitors.

様々なミャンマー料理も販売され、ミャンマー人、日本人来場者ともに楽しんでいました。

The Chin Community of Japan (CCJ) booth run by Sawmi of Heartship Myanmar Japan was a big success. Many people visited the booth and showed much interest about Chin, one of the ethnic groups in Myanmar. 

Many guests also purchased our original Mingalabar tote bags as well!

ハートシップ・ミャンマー・ジャパンのソウミが運営するCCJ (Chin Community of Japan) のブースは大盛況でした。多くの人がブースを訪れ、ミャンマーの民族の一つであるチン族について興味を示してくれました。

オリジナル・トートバッグもたくさんの方に購入していただきました!

Blessed with great weather, the event turned out to be very successful with the place packed not only with Myanmar people but many Japanese visitors as well.  

当日は天候にも恵まれ、ミャンマー人だけでなく、日本人を含む多くの人々で賑わい、大盛況のイベントとなりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

Air raid in Satawm (Chin state, Myanmar) – Education on hold サタウム(ミャンマー,チン州)付近で空爆のため教育支援中断Air raid in Satawm (Chin state, Myanmar) – Education on hold サタウム(ミャンマー,チン州)付近で空爆のため教育支援中断

We have some unfortunate news. There has been heavy airstrike near Satawm in Chin State, Myanmar, where we reopened the school this summer. 残念なお知らせです。 この夏、学校を再開したミャンマー・チン州のサタウム付近で激しい空爆がありました。

Request to stop accepting students from the Myanmar military ミャンマー国軍の留学生受け入れ、防衛省に中止を要請Request to stop accepting students from the Myanmar military ミャンマー国軍の留学生受け入れ、防衛省に中止を要請

This is a translation from The Tokyo Shimbun. NHK has also reported the news. 東京新聞の記事をご紹介します。NHKでも報道されています。 昨年2月にクーデターを起こし、多数の市民を殺害しているミャンマー国軍から防衛省が留学生を受け入れて訓練をしているのは、弾圧に加担する暴挙だとして、超党派の「ミャンマーの民主化を支援する議員連盟」(中川正春会長)は17日、岸信夫防衛相と林芳正外相宛ての文書で、受け入れ中止を要請した。国軍に対抗してミャンマーの民主派が樹立した「挙国一致政府(NUG)」のソーバラテイン駐日代表も同様の要請文を提出した。 Japan’s Ministry of Defense has been accepting foreign students