Multicultural Festival 2022 多文化おもてなしフェスティバル


On November 23, Heartship Myanmar Japan participated in the Multicultural Festival 2022 in Tokyo.

11月23日、東京で開催された多文化おもてなしフェスティバルに出展しました。

Our booth was about informing people about the situation in Myanmar since the military coup in February 2021, Myanmar’s culture, and our activities as Heartship Myanmar Japan.

ブースでは、2021年の2月の軍事クーデター以降のミャンマーの現状や、ミャンマー文化、ハートシップ・ミャンマー・ジャパンの活動などについて紹介しました。

Our original မင်္ဂလာပါ (Mingalabar) tote bag was also on sale🙂 If you’d like to get one, click here to place your order🙏 All profits will be used as donations to support children’s education in Myanmar.


オリジナルのမင်္ဂလာပါ(ミンガラーバ)トートバッグの販売もありました。ご注文はこちらから🙏販売収益はすべてミャンマーの子供たちの教育費用となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

Request to stop accepting students from the Myanmar military ミャンマー国軍の留学生受け入れ、防衛省に中止を要請Request to stop accepting students from the Myanmar military ミャンマー国軍の留学生受け入れ、防衛省に中止を要請

This is a translation from The Tokyo Shimbun. NHK has also reported the news. 東京新聞の記事をご紹介します。NHKでも報道されています。 昨年2月にクーデターを起こし、多数の市民を殺害しているミャンマー国軍から防衛省が留学生を受け入れて訓練をしているのは、弾圧に加担する暴挙だとして、超党派の「ミャンマーの民主化を支援する議員連盟」(中川正春会長)は17日、岸信夫防衛相と林芳正外相宛ての文書で、受け入れ中止を要請した。国軍に対抗してミャンマーの民主派が樹立した「挙国一致政府(NUG)」のソーバラテイン駐日代表も同様の要請文を提出した。 Japan’s Ministry of Defense has been accepting foreign students