Request to stop accepting students from the Myanmar military ミャンマー国軍の留学生受け入れ、防衛省に中止を要請


This is a translation from The Tokyo Shimbun. NHK has also reported the news.
東京新聞の記事をご紹介します。NHKでも報道されています。

昨年2月にクーデターを起こし、多数の市民を殺害しているミャンマー国軍から防衛省が留学生を受け入れて訓練をしているのは、弾圧に加担する暴挙だとして、超党派の「ミャンマーの民主化を支援する議員連盟」(中川正春会長)は17日、岸信夫防衛相と林芳正外相宛ての文書で、受け入れ中止を要請した。国軍に対抗してミャンマーの民主派が樹立した「挙国一致政府(NUG)」のソーバラテイン駐日代表も同様の要請文を提出した。

Japan’s Ministry of Defense has been accepting foreign students for training from the Myanmar National Army, which staged a coup d’état last February and has killed many civilians. The Japan Parliamentary Group Supporting Democratization in Myanmar (led by president Masaharu Nakagawa) requested in a letter addressing Minister of Defense Nobuo Kishi and Minister of Foreign Affairs Yoshimasa Hayashi, that Japan stop accepting students from the Myanmar military. Japan’s representative of the National Union Government (NUG), Saw Ba Hla Thein also submitted a similar request.

防衛省は2015年度に事業を始め、クーデター後の昨年度は4人が来日。本年度も士官と士官候補生の4人の受け入れを決めた。

The Ministry of Defense began the project in FY2015, and four people came to Japan last fiscal year after the coup. This year, again, it has been decided that four officers and cadets will be accepted.

議連は緊急総会を開き、

「暴力行為に加担する暴挙で、国軍支配を正当化する愚行」

と非難し、中止を求める文書を防衛・外務両省の担当者に提出。ソーバラテイン氏も「国軍が国民を殺害していることを踏まえて中止を」と訴えた。

The parliamentary group held an emergency meeting and submitted a letter to the Ministry of Defense and the Ministry of Foreign Affairs demanding the suspension of the program, condemning it as

“an outrageous act of complicity in violence and a foolish attempt to legitimize the control of the Myanmar military. “

Japan’s NUG leager Mr. Saw Ba Hla Thein also appealed for the suspension, saying that it should be stopped in light of the fact that the national army is killing its own citizens.

防衛省は留学した士官らが将来、民主主義への認識を持った人間になる可能性などを受け入れ理由に挙げている。(北川成史)

The Ministry of Defense cited the possibility that the officers who study in Japan will become people with an awareness of democracy in the future, among other reasons for accepting them. (Seiji Kitagawa)

Screenshot from NHK broadcast

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

Fundraising event in Urayasu まちづくり活動プラザにてFundraising event in Urayasu まちづくり活動プラザにて

10月29日(土)、まちづくり講座「国際協力の現場から学ぶ 支援すること 支え合うこと」の一環で開催されたフェアトレード展でハートシップ・ミャンマー・ジャパンも出展させていただきました。 On Saturday, October 29, Heartship Myanmar Japan participated in a fair trade event held as part of the community seminar “Learning from

死刑宣告を受けた元ヒップホップ・スターとそれが意味すること死刑宣告を受けた元ヒップホップ・スターとそれが意味すること

This is a Japanese edited version of an opinion article on CNN. CNNに掲載されたZin Mar Aungミャンマー国民統一政府(NUG)外務大臣によるオピニオン記事を短く編集し日本語訳しました。 Zeyar Thawがミャンマー初のヒップホップ・アルバムをリリースしたのは2000年のこと。当時のミャンマーでは、これはほとんど革命だった。彼のラップは、多くの人の人生に影響を与え、自由を求めるその声は、必然的に彼を政治の世界へと導いた。 2011年、政治活動のために刑務所に入った後、ちょうど民主主義への移行が始まった頃、Zeyar Thawは釈放され、国会議員に選ばれた。 今、彼は死刑囚監房に座っている。数週間前、Zeyar Thawと仲間の活動家Ko Jimmyは、2021年2月に政権を奪った軍政によって死刑を宣告されたのである。このまま死刑が執行されれば、ミャンマーでは数十年ぶりのこととなる。 何の罪を犯したのか。 国軍側は、彼らが「テロ行為に関与した」としている 彼らは自由を信じ、求めただけである