Myanmar’s long fight for freedom 自由を求めるミャンマー国民の長い戦い


From NHK WORLD.  和訳しました。


The people of Myanmar have suffered two full years of chaos and bloodshed, with fears now that the situation could grow even worse. The military junta that seized power in 2021 has declared vast swathes of the country under martial law.

Humanitarian groups estimate thousands of civilians have died in brutal crackdowns against resistance. The number of internally displaced people has surged past 1.2 million.

ミャンマーの人々は、丸2年にわたる混乱と流血に苦しみ、現在、状況がさらに悪化するのではないかと懸念されている。2021年に権力を掌握した軍事政権は、国土の広大な範囲を戒厳令下に置くと宣言している。

人道支援団体は、抵抗勢力に対する残忍な取り締まりで数千人の民間人が死亡したと推定している。国内避難民の数は急激に上昇し120万人を超えた。

In Japan, a Myanmar couple is acting as a conduit for information about what’s happening back home, sharing stories with the world about the horrors that are taking place. Win Kyaw and his wife Mathida are based in Tokyo, but with a network of informants across Myanmar, they are a valued source for NHK World including its flagship television news program “NEWSROOM TOKYO”.

日本では、あるミャンマー人夫婦が母国で起きていることを伝えるパイプ役として、その惨状を世界に発信している。Win KyawとMathida夫妻は東京に拠点を置いているが、ミャンマー全土に情報提供者のネットワークを持ち、看板番組「NEWSROOM TOKYO」をはじめ、NHK Worldの貴重な情報源として活躍している。

Maintaining the fight 闘いを続ける

The couple was invited to a corporate donor’s office in Tokyo during January to share images they have collected that depict the human toll of the two-year conflict. They are concerned that people in Japan are losing interest.

夫妻は1月、都内の企業寄付者の事務所に招かれ、2年にわたる紛争の犠牲者の様子を撮影した画像を紹介した。彼らは、日本の人々が関心を失いつつあることを懸念している。

“Why must these young people fight and be killed by the military?, asks Win Kyaw. “We’re worried everyone will forget about Myanmar, while the military does whatever it wants, and that if this goes on, our country will be erased from the map,” adds Mathida.

「なぜ、若者たちが軍と戦い、殺されなければならないのか」とWin Kyawさんは問いかけます。「軍が好き放題やっているうちに、みんながミャンマーのことを忘れてしまうのではないか。このままでは私たちの国が地図から消えてしまうのではないかと心配しています。」とMathidaさんが付け加える。

Military targets resistance strongholds 抵抗勢力の拠点を狙う軍部

With a broken promise for an election this year, an extension of the ongoing state of emergency, and 44 townships under martial law, the situation in Myanmar appears to be worsening.

今年の選挙公約が破られ、非常事態が延長され、44の地域が戒厳令下に置かれるなど、ミャンマーの状況は悪化しているように見える。

In January, the army’s top leader said military rulers would strive to hold a “free and fair” election, and a census was conducted to identify voters. But the following month, as the second anniversary of the coup d’etat rolled over, the general election was called off.

1月、軍の最高指導者は「自由で公正な」選挙を行うよう努力すると述べ、有権者を特定するための国勢調査が行われた。しかし、翌月にはクーデター2周年を迎え、総選挙は中止となった。

In addition to an extension of the ongoing state of emergency, martial law was imposed on 37 townships, mainly in areas where armed resistance group People’s Defense Force (PDF) has a presence. Those 37 add to seven townships that were placed under martial law in 2021, six of which are in the city of Yangon and one in Chin state.

非常事態の延長に加え、武装抵抗組織「人民防衛軍(PDF)」が存在する地域を中心に37の地域に戒厳令が敷かれた。この中でも、2021年に戒厳令が敷かれた7つの地域のうち、6つはヤンゴン市内に、1つはチン州にある。

People charged with treason will be tried in a military court. Many have already been sentenced to indefinite imprisonment and death.

反逆罪で起訴された人は、軍事法廷で裁かれる。すでに多くの人が無期懲役や死刑を宣告されている。

Scorched-earth tactic 焦土と化した戦術

People who resist the military continue to pay a heavy price.

軍に抵抗する人たちは、重い代償を払い続けている。

Win Kyaw and Mathida received a photo taken by a local resident of a message allegedly written by military personnel on a white board at a school in Sagaing. Residents there say the military often comes looking for PDF members. Even if they can’t find any, they burn down houses.

Win KyawさんとMathidaさんは、サガインの学校のホワイトボードに軍人が書いたとされるメッセージを地元住民が撮影した写真を受け取りました。そこの住民によると、軍はしばしばPDFのメンバーを探しにやってくるそうです。そして、たとえ見つからなくても、家屋を焼き払う。

The message carried a warning: “The more you support the PDF, the more you will suffer in this fight… and the more houses will be burned down.”

メッセージには警告が書かれていた。「PDFを支持すればするほど、この戦いで苦しむことになる……そして、より多くの家が焼き払われることになる」

The army has been waging a scorched-earth campaign in the Magway and Sagaing regions, which are both subject to the newly imposed martial law decrees. Human rights watchdog Myanmar Witness maintains 136 mass burnings took place in those two locations during the month of December.

軍は、新たに戒厳令が敷かれたマグウェイとサガイン地方で焦土作戦を展開している。人権監視団体Myanmar Witnessは、12月の1カ月間にこの2カ所で136件の大量焼却が行われたと主張する。

The military continues to crack down on the PDF, which is estimated to have at least 65,000 members. Most are aged in their 20s and 30s.

軍は、少なくとも65,000人のメンバーがいると推定されるPDFの取り締まりを続けている。その多くは20代から30代の若者である。

Information from inside Myanmar is becoming increasingly scarce. Win Kyaw and Mathida say the military is blocking the internet in Magway and Sagaing. They’ve been trying to get in touch with a young man who was a teacher in Sagaing.

ミャンマー国内からの情報はますます乏しくなっている。Win KyawさんとMathidaさんによると、マグウェイとサガインでは軍がインターネット通信を遮断しているという。サガインで教師をしていた青年と連絡を取ろうとしている野田が、つながらない。

He used to deliver aid supplies to displaced people, but his own home was burned down in December, followed by his entire village one month later. The couple hasn’t heard from him since.

避難民に援助物資を届けていたその青年は、12月に自宅を焼かれ、その1ヵ月後には村全体を焼かれた。それ以来、音信不通となっている。

“Right now, the people in villages can’t go about their lives in peace,” says Win Kyaw. “The PDF members are fighting so hard.”

「今、村の人たちは安心して暮らすことすらできない。」とWin Kyawさんは言う。「PDFのメンバーらは、懸命に戦っている。」

Living with landmines 地雷と共存する

The couple is concerned about the rising number of young people falling victim to landmines. The military is accused of burying landmines in and around homes when it takes over villages and drives out residents.

夫妻が心配するのは、地雷の犠牲になる若者が増えていることだ。軍隊が村を占領し、住民を追い出す際に、家の周りに地雷を埋めたと言われている。

Myanmar is not a state party to the Mine Ban Treaty. According to UNICEF, more than 650 civilians in the country were killed or injured by landmines and other explosive remnants of war between February 2021 and December last year.

ミャンマーは地雷禁止条約の締約国ではない。ユニセフによると、2021年2月から昨年12月までの間に、同国で650人以上の民間人が地雷などの爆発性戦争残存物によって死傷している。

Human rights organization Amnesty International warns that the military is systematically laying landmines, warning they will cause enormous damage for many years to come.

人権団体アムネスティ・インターナショナルは、軍が組織的に地雷を敷設しており、今後何年にもわたって甚大な被害をもたらすと警告している。

Because there are no special tools available to remove land mines, people are using whatever is at hand. According to the PDF, it is estimated that close to 100 fighters have been maimed so far, many of whom face a long rehabilitation to learn to walk on an artificial leg.

地雷を除去するための特別な道具がないため、人々は手近にあるものを使っている。PDFによると、これまでに100人近くの戦闘員が負傷したと推定され、その多くは義足で歩けるようになるための長いリハビリに直面している。

A dream worth fighting for

闘うに値する夢

A nurse who works in the PDF medical corps has been able to stay in touch with Win Kyaw and Mathida. She reports that casualties are increasing by the day.

PDFの医療班に所属していてWin KyawさんやMathidaさんと連絡を取り合っている看護師は、死傷者が日に日に増えていることを報告する。

“War isn’t a game, so naturally the casualties mount as time goes by. All the soldiers want to get back to the frontlines once they have recovered,” she says.

「戦争は遊びじゃないから、時間が経てば当然、犠牲者は増える。兵士は皆、回復したら前線に戻りたいと言います。」と彼女は言う。

When Win Kyaw asks her what she is fighting for, she replies: “For the freedom to do what we want. That’s the dream we’re fighting for. Our leaders should be chosen by the people. And we should be allowed to point out their faults. I don’t see any reason to tolerate a situation in which those things can’t be achieved.”

何のために戦っているのか、Win Kyawさんが尋ねると、彼女は答えた。「やりたいことをやる自由のため。それが私たちの夢です。指導者は国民が選ぶべき。そして、その欠点を指摘することも許されるはずです。それらが実現できない状況を容認する理由はどこにもありません」。

The nurse recently began teaching children, many of whom have been unable to attend school since the coup. Win Kyaw and Mathida say her approach can help to ensure a bright future for the next generation.

It’s the determination of young people that inspires Win Kyaw and Mathida to keep up their work. The couple hopes that it will eventually become impossible for the military to maintain control.

この看護師は最近、クーデター以来学校に通えなくなった多くの子どもたちに教え始めた。Win KyawさんとMathidaさん夫妻は、彼女のアプローチが次の世代の明るい未来のために役立つと言う。夫妻を奮い立たせているのは若い人たちの決意だ。いずれ軍が支配を維持することが不可能になることを強く望んでいる。

“We don’t want more young people losing their lives. We want to end this fight as soon as possible. And we want the whole world to support our young people in their fight for democracy,” says Win Kyaw.

「これ以上、若者の命を奪わないでほしい。一刻も早くこの闘いを終わらせたい。そして、全世界が民主化のために戦う若者たちを応援してほしい」とWin Kyawさんは言う。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

Tortured to death: Myanmar mass killings revealed 拷問死:明らかになったミャンマー大量殺戮Tortured to death: Myanmar mass killings revealed 拷問死:明らかになったミャンマー大量殺戮

BBC investigated and reported about mass killings by the Myanmar military. Below is a Japanese translation.イギリスBBCが調査・報道したミャンマー国軍による虐殺についての記事を紹介します。リンク先に動画(英語)あり。以下、記事の和訳です。 ******************************************* ミャンマー軍は7月に民間人の大量殺戮を行い、少なくとも40人の男性が死亡したことがBBCの調査で明らかとなった。 目撃者や生存者によると、(17歳ほどの若者を含む)兵士たちが村人を集め、男性を選び出して殺害したという。事件のビデオ映像や画像を見ると、殺された人のほとんどが最初に拷問を受け、浅い墓に埋められていた。 この虐殺事件が起きたのは7月。ミャンマー中部サガイン郡、反政府勢力の拠点であるKaniカニで4度にわたった。 2月の軍事クーデター後に民主化を求め民兵グループが攻撃を仕掛けたことに対する集団的処罰と考えられています。軍事政権のスポークスマンは、この疑惑を否定していない。 軍は、アウンサンスーチー氏が率いる民主的に選出された政府を追放してビルマを掌握して以来、民間人からの抵抗に直面している。 BBCでは、Kaniカニの11人の目撃者に話を聞き、ミャンマーにおける人権侵害を調査している英国のNGO団体Myanmar Witnessが収集した携帯電話の映像や写真と比較した。 最大の殺害事件はYinイン村で発生し、少なくとも14人の男性が拷問や暴行を受けて死亡し、その遺体が森林の溝に投げ込まれている。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial