Dalah Water Project begins 貯水槽プロジェクト スタート!


Thanks to our donors, Heartship Myanmar Japan has been able to begin a new project to clean an abandoned cistern in the area so that more people can easily have access to clean water.
ハートシップ・ミャンマー・ジャパンでは、皆さまからの寄付金により放置された貯水槽を清掃して使えるようにするプロジェクトを新たに開始しました!

【Current Situation 現状】

There is no running water in Dalah and people must walk up to 40 minutes to a reservoir. It makes life very hard, especially for those who are not strong enough to carry heavy water tanks. (Some people earn money by carrying water. About 500-700 kyats or 30 to 40 JPY per trip depending on the amount of water.) 

現在、Dalahには水道がなく、貯水池まで40分ほど歩かなければなりません。重たい貯水タンクを運ぶ体力のない人にとっては特に困難な生活です。(水を運ぶことで1回500〜700チャット(30〜40円)程度の収入を得ている人もいます。) 

【The Plan 計画】

■The old cistern will be cleaned. Gutters and pipes will be constructed to collect rainwater from the roof of a shed in the church compound into the cistern.

古い貯水槽を清掃し、教会の敷地内にある小屋のトタン屋根に雨樋・パイプを設置し、雨水が貯水槽に集まるようにする。

使えないまま放置されている貯水槽

■This cistern will hold 6,650 gallons (about 25,000 liters) of water.

貯水槽は、6,650ガロン(約25,000リットル)の水を貯めることができます。

■A hand water pump will be installed.

手動の給水ポンプも設置します。

左側の小屋(教会の集会所)のトタン屋根から雨水を集める

■We will also build a security house around the cistern, so water usage can be regulated. The head of local administration has agreed to take charge of facility maintenance.

また、貯水槽の周りに小屋を建設し、水の使用を管理できるようにします。施設のメンテナンスは、現地の行政責任者が担当を請負ってくれると約束してくれています。

参考写真(貯水槽の上に建てる小屋のイメージ)

■In the future, we would also like to consider installing water tanks in the security house.

将来的には、小屋内に貯水タンクを設置することも検討したい考えています。

【Estimate 費用】

貯水槽プロジェクト費用内訳



All of your donations are greatly appreciated and will be used to support projects like this.
皆さまからの寄付は、このようなプロジェクトで使わせていただいています。心からありがとうございます!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

死刑宣告を受けた元ヒップホップ・スターとそれが意味すること死刑宣告を受けた元ヒップホップ・スターとそれが意味すること

This is a Japanese edited version of an opinion article on CNN. CNNに掲載されたZin Mar Aungミャンマー国民統一政府(NUG)外務大臣によるオピニオン記事を短く編集し日本語訳しました。 Zeyar Thawがミャンマー初のヒップホップ・アルバムをリリースしたのは2000年のこと。当時のミャンマーでは、これはほとんど革命だった。彼のラップは、多くの人の人生に影響を与え、自由を求めるその声は、必然的に彼を政治の世界へと導いた。 2011年、政治活動のために刑務所に入った後、ちょうど民主主義への移行が始まった頃、Zeyar Thawは釈放され、国会議員に選ばれた。 今、彼は死刑囚監房に座っている。数週間前、Zeyar Thawと仲間の活動家Ko Jimmyは、2021年2月に政権を奪った軍政によって死刑を宣告されたのである。このまま死刑が執行されれば、ミャンマーでは数十年ぶりのこととなる。 何の罪を犯したのか。 国軍側は、彼らが「テロ行為に関与した」としている 彼らは自由を信じ、求めただけである

Request to stop accepting students from the Myanmar military ミャンマー国軍の留学生受け入れ、防衛省に中止を要請Request to stop accepting students from the Myanmar military ミャンマー国軍の留学生受け入れ、防衛省に中止を要請

This is a translation from The Tokyo Shimbun. NHK has also reported the news. 東京新聞の記事をご紹介します。NHKでも報道されています。 昨年2月にクーデターを起こし、多数の市民を殺害しているミャンマー国軍から防衛省が留学生を受け入れて訓練をしているのは、弾圧に加担する暴挙だとして、超党派の「ミャンマーの民主化を支援する議員連盟」(中川正春会長)は17日、岸信夫防衛相と林芳正外相宛ての文書で、受け入れ中止を要請した。国軍に対抗してミャンマーの民主派が樹立した「挙国一致政府(NUG)」のソーバラテイン駐日代表も同様の要請文を提出した。 Japan’s Ministry of Defense has been accepting foreign students