“I’m so happy to be able to go back to school.” 「また学校に行けるようになって、うれしいです」


Here is an interview of Lal Biak Muana, 8 years old, one of the students in Satawm village where Heartship Myanmar Japan is supporting education.
ハートシップ・ミャンマー・ジャパンで教育支援を実施しているSatwm村のLal Biak Muanaくん(8歳)のインタビューが届きました。

”I thank all the donors in Japan for donating books, pencils, erasers, pencil sharpeners and other stationery. 

I am so happy to be able to go back to school.

The things that make me happiest are studying at school with friends, drawing together and playing with them.  

I am worried that we might have to flee again and not be able to continue studying. ”

「日本のみなさん、教科書や、鉛筆、消しゴム、鉛筆削りなどの文房具を寄付してくれて、本当にどうもありがとうございます。

また学校に行けるようになって、とてもうれしいです。

一番好きなのは、友達と一緒に勉強したり、絵を描いたり、遊んだりすることです。

でも、また逃げなきゃいけなくなって学校に行けなくなるんじゃないかと心配です。」

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Related Post

“If this continues, they will be lost in the future without proper education.” 「このまま教育を受けずに大人になれば、未来を描くことができません」“If this continues, they will be lost in the future without proper education.” 「このまま教育を受けずに大人になれば、未来を描くことができません」

Here is an interview with one of the parents in Satawm village, where Heartship Myanmar Japan has helped to restart education. ハートシップからの寄付で この夏から学校が再開したチン州サタウム村から、保護者のインタビューが届きました。 “The school