Satawm Village Education Update サタウム村教育再開のご報告


As we have announced earlier, Heartship Myanmar Japan has decided to help reopen schools in Satawm village, Chin state through the Hualngo People’s Organization.

We sent approximately 130,000 JPY to buy textbooks and stationery and to hire teachers for 6 months. The textbooks and stationery arrived safely and were distributed to the children.

以前お知らせしたように、ハートシップ・ミャンマー・ジャパンは、HPO(Hualungoram People’s Organization)を通じてチン州サタウム村の教育支援を実施することとなりました。教科書や文房具の購入と、6ヶ月間の教師雇用として約13万円を送金したところ、子どもたちの元に教科書などが無事に届けられました!

HPO has conducted one-day training sessions for teachers in several villages including Satawm, and so the Satawm children are back in school. We hope to continue to share updates of the children.

HPOでは、サタウム村を含む複数の村で教師向けの1日研修を主催、サタウム村の子どもたちは再び学校に通いはじめました。今後も子どもたちの様子をお伝えしていきたいと思います。

If you have any questions you would like to ask the children or people in Satawm, please write in the comment section below or send us a message😀
サタウム村の子供たちや村人に聞いてみたいことがあれば、下のコメント欄に書いていただくか、こちらからメッセージをお寄せください😀

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Related Post

How Myanmar Protests Morphed Into an Armed Uprising ミャンマーの抗議活動が武装蜂起に発展するまでHow Myanmar Protests Morphed Into an Armed Uprising ミャンマーの抗議活動が武装蜂起に発展するまで

This article by NHK WORLD-Japan is a good summary of what is happening in Myanmar since the military coup.https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/backstories/1805/Photo Credit@NHK WORLD-Japan NHKワールドJapanのこちらの記事が、クーデター後のミャンマーの出来事をまとめているので紹介させていただきます。 ミャンマーの抗議活動が武装蜂起に発展するまで クーデター直後のミャンマーでは、街中にデモ隊があふれ、鍋を叩く音が響いていた。しかし、9カ月が経過した今、抵抗の形は変わり、非暴力で始まった運動は、全国規模の武装蜂起へと発展している。 平和的抗議活動から武装革命へ