Dalah House Project Interview #4 ダラ・ハウス・プロジェクト・インタビュー その4


Let us introduce the fourth family of the Dalah House Project
This is Thet Thet Naing (age24), her  husband Min Min (age25) and their two children (age 7 and 2).
ダラ・ハウス・プロジェクト、4組目の家族をご紹介します。
Thet Thet Naing(24歳)とご主人のMin Min(25歳)、そして2人のお子さん(7歳と2歳)です。

”When our house was destroyed by the junta, we built a temporary tent on the ground. When it rained, we had nowhere to sleep so we sat the whole night. The house is really nice and strong. The floor is timber with concrete foundation blocks.  The roof and walls are zinc sheets.  There’s even a window!  ”

「前に住んでいた家が国軍に破壊された後は、地面に簡単なテントを建てて生活していました。雨が降ると寝るところがないので、一晩中座っていました。この家は本当に立派で頑丈です。床は木造だし、基礎はコンクリートブロック。 屋根と壁は亜鉛板です。 窓まであるなんて!」

“We are extremely happy that donors helped us build this house. We are really happy. We would never be able to build a house like this. Thank you so much to the donors for helping us when we had nothing. Now we are safe from rain and wind.  ”

「この家を建てるために寄付をしてくれた人たちがいて、私たちはとても幸せです。本当に幸せです。自分たちだけではこんな家を建てることはできませんでした。何もない私たちを助けてくれた寄付をしてくれた皆さん、本当にありがとうございました。これで雨風がしのげます。 」

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Related Post

“If this continues, they will be lost in the future without proper education.” 「このまま教育を受けずに大人になれば、未来を描くことができません」“If this continues, they will be lost in the future without proper education.” 「このまま教育を受けずに大人になれば、未来を描くことができません」

Here is an interview with one of the parents in Satawm village, where Heartship Myanmar Japan has helped to restart education. ハートシップからの寄付で この夏から学校が再開したチン州サタウム村から、保護者のインタビューが届きました。 “The school