Fear Rising Among Myanmar Military Elite ミャンマー軍エリートの間で高まる恐怖


Although the people of Myanmar are still in a very very tough situation, we are also starting to hear news about the military losing momentum. This is an edited version of a column in The Irrawaddy (a Burmese and English news website based in Thailand).
ミャンマーの人々はまだまだ大変厳しい状況にありますが、軍の勢いが衰えたというニュースも耳にするようになりました。今回はThe Irrawaddy(タイに拠点を置くビルマ語・英語のニュースサイト)のコラムを短く編集したものです。

No one has seen such fear among the Myanmar military since it launched its first coup in 1962 under the late General Ne Win. The army and its followers have very good reasons to fear losing control of the country as the anti-coup resistance movement gains ground.

1962年にネ・ウィン将軍の下で最初のクーデターが起きて以来、ミャンマー軍部の間でこれほどの恐怖が見られたことはない。軍とその追随者たちは、反クーデター抵抗運動が盛んになるにつれて、国の統制が取れなくなることを恐れており、それには十分な理由がある。

Crucially, the military’s takeover on February 1, 2021 has created a political convergence point among the people that no one has seen since the 1947 Panglong Agreement. And, the military’s violent response to the peaceful anti-coup protests nationwide has resulted in it waging war against its own people, creating terror and chaos.

決定的なのは、2021年2月1日のクーデター後に、1947年のパンロン協定以来誰も見たことのないような政治的結束が国民の間に生まれたことである。そして、全国で行われた平和的な反クーデターデモに対する軍の暴力的な対応は、軍が自国民に対して戦争を仕掛け、恐怖と混乱を生み出す結果となった。

Over the years, the military had retained an effective constitutional veto thanks to its holding a quarter of all seats in parliament. Previously, most had only heard of the junta’s atrocities against the ethnic minorities in the borderlands. But now the military’s slaughter of civilians has led to the people not wanting to return to the pre-coup years where At the same time, the military is struggling to cope with increasing armed resistance across the country.

軍は議会の4分の1の議席を占め、憲法上の拒否権を事実上保持してきた。以前は、軍部の残虐行為といえば国境地帯の少数民族に対するものが聞こえてくるだけであったが、軍による市民への虐殺を経て、人々はクーデター前の時代に戻ることを望まなくなった。同時に、軍部は全国で増加する武装抵抗勢力への対応にも苦慮している。

Junta threatened by armed resistance groups 

抵抗勢力に脅かされる軍部 

In March, the Institute for Strategy and Policy Myanmar reported almost 300 clashes between the NUG’s People’s Defense Forces (PDF) and the Myanmar military in Sagaing Region from July 2021 through March 2022. Over 20,000 people were displaced by the fighting and junta raids and arson attacks. 

3月、ミャンマー戦略・政策研究所は、2021年7月から2022年3月にかけて、サガイン地方でNUGの人民防衛軍(PDF)とミャンマー軍との間で300件近くの衝突が発生したと報告した。また、戦闘と軍部の襲撃や放火により、2万人以上が避難した。

From Putao in the far north to Kawthoung in the far south, the regime is facing an unprecedented level of armed opposition. At the same time, there are increasing clashes with ethnic armed organizations in Kayah, Karen, Kachin and Chin states. Armed resistance against the illegitimate Myanmar military is growing across the country.    

最北のプタオから最南のカワトゥーンまで、国軍はかつてないレベルの武装した反対勢力に相対している。同時に、カヤー州、カレン州、カチン州、チン州では、民族武装組織との衝突が激化している。クーデターで主権を宣言したミャンマー国軍に対する武力抵抗が、全国で拡大しているのだ。  

Relocation of junta families to Naypyitaw

進む軍政権家族の移転

On April 22, Myanmar Now reported that families of people working for the State Administration Council (SAC) are relocating to the junta stronghold of Naypyitaw as attacks by urban resistance forces increase in Yangon. The report stated how fear was growing among the Yangon-based family members of junta personnel that the SAC may not be able to protect them from the increasing presence of guerilla groups in the city. 

ミャンマー・ナウは22日、ヤンゴンで都市抵抗勢力による攻撃が増加する中、国家行政評議会(SAC)に勤務する人々の家族が、軍事政権側の拠点であるネピドーに移転しつつあると報じた。報告書によると、ヤンゴンに住む軍人の家族の間で、都市で増え続けるゲリラ集団からSACは自分たちを守ってくれないかもしれないという恐れが高まっている。

Over 500 family members of army personnel have applied for long-stay visas in Thailand, according to a source close to a Myanmar military family in Yangon. Meanwhile, elite pro-military supporters such as Aye Ne Win, the grandson of former dictator Ne Win, seem to spend more time in Dubai than Myanmar. 

ヤンゴンのミャンマー軍人の家族に近い情報筋によると、500人以上の軍人の家族がタイで長期滞在ビザを申請しているという。一方、元独裁者ネ・ウィンの孫であるアイ・ネ・ウィンのようなエリート親軍支持者は、ミャンマーよりドバイで過ごすことが多いようだ。

The recent shooting of the Deputy Governor of the junta-controlled Central Bank of Myanmar, Than Than Swe, is the most high-profile example of the over 1,000 junta personnel who have been targeted by Yangon resistance groups. Former navy lieutenant commander Thein Aung, the Chief Financial Officer of the military-owned Mytel Telecommunications Co, was gunned down in Yangon in late 2021, while more than 80 Mytel towers across the country have been bombed by PDFs. 

最近、軍事政権が支配するミャンマー中央銀行の副総裁Than Than Sweが銃撃されたことは、ヤンゴンの抵抗勢力に狙われた1000人を超える政権関係者の中で最も有名な例である。軍所有のMytel通信社の最高財務責任者であるテイン・アウン元海軍中佐は2021年末にヤンゴンで銃殺され、全国の80以上の通信塔がPDFによって爆破されている。

Rising casualties among the military elite creating cracks

軍エリート死傷者増加で亀裂が走る

The Spring Revolution led by Burmese youths born after 1988 is quite different from the anti-dictatorship movements led by former premier U Nu in the 1970s and the student-led uprising of 1988 and the subsequent armed resistance movement of the 1990s. Although many challenges remain before the opposition forces can put an end to military dictatorship, the junta is definitely weakened. The Myanmar military elite and their families have very good reasons to be scared.

1988年以降に生まれたミャンマーの若者たちが主導する春の革命は、1970年代のウ・ヌ元首相が主導した反独裁運動や1988年の学生主導の蜂起、その後の1990年代の武装抵抗運動とは全く異なるものである。反対勢力が軍事独裁に終止符を打つまでにはまだ多くの課題が残っているが、政権が弱体化していることは間違いない。ミャンマーの軍事エリートやその家族には、恐れるに足る理由があるのである。

Myanmar military chief Senior General Min Aung Hlaing in February 2020, one year before becoming coup leader. / The Irrawaddy 

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Related Post

Confirmed deaths of NGO staff by the military / 軍によるNGOスタッフ殺害が明らかにConfirmed deaths of NGO staff by the military / 軍によるNGOスタッフ殺害が明らかに

Latest reports confirmed the deaths of Save the Children staff. (The following is a Japanese translation of the report by NHK World-Japan.)国軍による攻撃でNGOセーブ・ザ・チルドレンのスタッフも殺害されていたことが明らかになりました。以下、NHK World-Japanの報道内容の和訳です。 ミャンマー軍がNGOスタッフを殺害 国際支援団体セーブ・ザ・チルドレンは、ミャンマー東部で遺体が発見された民間人犠牲者35人の中に、現地スタッフ2人が含まれていると発表しました。