Dalah House Project Update ダラ・ハウス・プロジェクトについて


The Dalah House Project is a plan to build a new house for 4 families whose houses were destroyed by the junta this past February.

ダラ・ハウス・プロジェクトは、2月に国軍に家を破壊された4世帯のために新たな家を建てるプロジェクトです。


We are happy to announce that the 4 houses are now complete and the families (family #1, family #2, family #3, family #4)  have moved in safely.

As soon as we receive more details and photos, we will share them on our website.

このたび4棟が完成し、4家族(family #1, family #2, family #3, family #4)が無事入居しました!

詳細や写真が届き次第、ホームページで紹介させていただきます。

In the meantime, please understand that life in Myanmar is hard for everybody. It is now the hottest season, with an average daily temperature above 35 °C. (95 °F )  Even in the city of Yangon, electricity is provided only for about 3 hours per day, with the people never knowing when it will stop or begin.

すぐにでも報告したいところなのですが、最近のミャンマーの厳しい生活状況により難しいことをご理解ください。1年を通して今が一番暑い時期で、一日の平均気温は35℃以上。そんな中、ヤンゴン市内でも電気は1日3時間程度しか供給されず、いつ電気が止まるか、供給されるかわからない状態です。

Although our partners in Yangon are lucky to have the help of power generators, it is only minimum plus the strict bank rules make it very hard to run a business. They are swamped with work, and have little time to visit the Dalah township area.

ヤンゴンに住むハートシップの協力NPOメンバーたちは、幸いにも発電機を使用できていますが、最低限のものです。また、銀行の厳しい規則も重なり、ビジネスを継続させるのが非常に困難な中、日々仕事に追われ、ダラ地区を訪れる時間が取れないとのことです。

So, please be patient until we are ready for the next report.

次回のレポートをお届けできるまで、しばらくお待ちください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Related Post

Dalah House Project Interview #1 ダラ・ハウス・プロジェクト・インタビュー その1Dalah House Project Interview #1 ダラ・ハウス・プロジェクト・インタビュー その1

Here is the first interview from one of the families who moved into a new home with the Dalah House Project.ダラ・ハウス・プロジェクトで新しい家に入居した家族から、1本目のインタビューをお届けします。 “Since our house was