Myanmar banns local possession of foreign currency ミャンマー、外貨の保有を禁止


This is an edited version of an article in Asia Times. This new policy is directly affecting our partners in Myanmar.
短く編集したAsia Timesの記事とその和訳をご紹介します。今回の措置は、ミャンマー在住のハートシップの協力者たちの生活にも影響を与えています。

New measures banning local possession of foreign currency threatens foreign investors and citizens  外国人投資家や国民を脅かす新たな措置

On April 3, Myanmar’s central bank issued a directive requiring all Myanmar citizens to change their foreign currency from overseas into Myanmar kyats at state-licensed banks. US dollars must be changed at a rate of 1,850 kyats, which is lower than the prevailing market rate of 2,015 kyats. Furthermore, the banks only allow a very limited amount of withdrawal per week, which makes many businesses impossible to run.

4月3日、ミャンマー中央銀行は、すべてのミャンマー国民に対し、海外からの外貨を国営銀行でミャンマー・チャットに両替するよう通達した。米ドルは、一般的な市場レートである2,015チャットよりも低い1,850チャットで両替する必要がある。さらに、銀行は1週間にごく限られた額しか引き出しができないため、多くのビジネスが成り立たなくなっている。

The foreign investment community is understandably up in arms over the surprise and draconian order.

外国人投資家たちは、当然ながら、この不意打ちのような強硬な命令に怒っている。

On April 4, the Japanese Embassy sent a letter to the junta saying “Japanese companies operating in Myanmar will face serious challenges in following the new regulation, which will cause difficulties in continuing their businesses in the country. It will also be detrimental to the function of the Embassy of Japan and other official organizations.”

4月4日、日本大使館はミャンマー政府に対して「ミャンマーで活動する日本企業が新しい規制に従えば深刻な問題に直面し、同国での事業継続は困難となる。日本大使館やその他の公的機関の機能にも支障をきたすだろう。」と書簡を送った。

Two days later, the Singaporean Embassy issued an almost identical statement. Both embassies requested exemptions for companies from their respective countries, which are among Myanmar’s top providers of foreign investment.

その2日後、シンガポール大使館もほぼ同様の声明を発表した。両大使館とも、ミャンマーでトップクラスの外資導入国である自国企業への適用除外を求めた。

On April 8, a dozen business groups — among them the French Myanmar Chamber of Commerce, AustCham Myanmar, EuroCham Myanmar, the British Chamber of Commerce in Myanmar, and the German Myanmar Business Chamber — issued a joint statement saying that the new foreign currency rule “needlessly lowers the living standards of the Myanmar people, halts foreign business activity, stops the flow of foreign direct investment (FDI), and creates trade tensions with other countries.”

4月8日には、フランス・ミャンマー商工会議所、AustCham Myanmar、EuroCham Myanmar、在ミャンマー英国商工会議所、ドイツ・ミャンマービジネス会議所など12の経済団体が共同声明を発表し、新しい外貨ルールは「ミャンマー人の生活水準を不必要に下げ、外国企業の活動を止め、外国直接投資(FDI)を止め、他国との貿易摩擦を引き起こす」と指摘した。

Photo: AFP / Roberto Schmidt

Analysts and observers believe there are a few reasons behind what many see as a desperate move to gain access to foreign currency at a time the local economy has nearly collapsed due to the military’s February 2021 coup and the nationwide unrest that has followed.

アナリストなど専門家は、2021年2月の軍事クーデターとそれに続く全国的な不安により地域経済がほぼ崩壊しているときに、外貨へのアクセスを必死に得ようとする背景には、いくつかの理由があると見ている。

The first and most obvious motivation stems from the fact the junta has nearly depleted its foreign reserves and desperately needs a way to earn, or in this instance, take foreign currency to avoid defaulting on foreign debts.  

まず、最も明白な動機は、軍部が外貨準備をほぼ使い果たし、対外債務の不履行を避けるために外貨を稼ぐ、あるいは外貨を奪う方法をどうしても必要としていることに起因している。 

Another reason may be to control money flows from foreign donors and exiled groups to anti-junta activists and civil society groups inside the country. The new measure will effectively make it illegal to hold foreign funds, making it easier for authorities to track and check transfers to such groups.

もう一つの理由は、外国の寄付者や亡命グループから国内の反軍事活動家や市民社会グループへの資金の流れをコントロールすることにあると考えられる。新しい措置は、外国資金を保有することを事実上違法とし、当局がそうしたグループへの送金を追跡・確認しやすくするものである。

Unfortunately, the rules will  likely deter other foreign companies from investing in the country, which was already a tough sell amid the post-coup political upheavals and devastation caused by Covid-19. But Myanmar needs more, not less, foreign investment to revive the economy.

残念ながら、クーデター後の政変と新型コロナによる荒廃の中で、この規則は他の外国企業のミャンマーへの投資を抑制する可能性が高い。しかし、ミャンマーが経済を再生させるには、外国からの投資を減らすのではなく、もっと増やす必要がある。

The country sliding into poverty 貧困への転落

The International Labor Organization (ILO) stated in a January 2022 report that Myanmar is on brink of economic collapse one year after the coup. Similarly, the United Nations Development Program (UNDP) issued a statement in December 2021 that estimated “by early 2022, nearly half of Myanmar’s 55 million population — some 25 million people — will be living below the national poverty line. There now appears little doubt that the country’s poverty headcount is likely to return to levels not seen since 2005, effectively erasing 15 years of pre-pandemic economic growth.”

国際労働機関(ILO)は2022年1月の報告書で、ミャンマーはクーデターから1年後に経済崩壊の瀬戸際にあると述べている。同様に、国連開発計画(UNDP)は2021年12月に声明を発表。「2022年初頭までに、ミャンマーの人口5500万人のほぼ半分、約2500万人が国民の貧困ライン以下で生活することになるだろう。同国の貧困人口が2005年以来の水準に戻り、パンデミック以前の15年間の経済成長が事実上帳消しになる可能性が高いことは、今や疑う余地がないようだ。」としている。

2 thought on “Myanmar banns local possession of foreign currency ミャンマー、外貨の保有を禁止”

  1. This is absolutely appalling, it aches my heart. Just to many terrible things are happening in this world.
    Which would be the best currency to donate for the people of Myanmar?

    1. The situation in Myanmar is really sad and devastating.
      Your donations via this website are automatically transferred to our Japanese bank account in JPY minus the 1.5% Donorbox platform fee. To send 100% of your donation, you can wire JPY directly to our account (details are in the donation page), but donorbox is a great platform so please choose what’s most convenient for you. We send money in JPY, and our partners in Myanmar receive it in the local currency, Myanmar kyats. Hope this information helps!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Related Post

Myanmar Soldiers Defect to Join Resistance ミャンマー国軍から脱走する兵士たちMyanmar Soldiers Defect to Join Resistance ミャンマー国軍から脱走する兵士たち

今回はフランスのメディアの記事を紹介します。以下、日本語訳です。Let us share an article from the French media, FRANCE24. ***************************** 「人々を守るために入隊したのに」 ミャンマー国軍から、推定2000人の兵士が亡命しているという。35万人の兵士が残っているとはいえ、脱走者が出れば軍部の支配力が弱まる可能性がある。 元ミャンマー国軍の兵士Yey Int Thweさん(*仮名)は、7月25日を「すべてが変わった」日として記憶している。30歳の彼は、10人ほどの兵士のグループの一員として、ミャンマーの首都ヤンゴン南東部の家に押し入っていた。彼らの任務は、ミャンマー国軍(Tatmadawタツマダ)の一員として、2月1日の軍事クーデターに対する抗議行動を組織したと疑われる人々を逮捕すること。そこでThweさんは、武装して手錠をかけられた自分のいとこと対面したのである。 「ショックでした。子供の頃から一緒に過ごしてきたのに、突然、彼と戦い、彼を逮捕することになったのです。彼が自分の意見を表明したから、というそれだけの理由で。」と、元兵士Thweさんはフランス24に語った。「軍隊を辞めなければならないと思った瞬間でした。」 その夜、彼は兵舎に戻り、脱走計画を練り始め、それから5ヵ月後の現在、ミャンマーとタイの国境近くのジャングルに身を隠して暮らしている。 「人々を守るために軍に入ったのに」 国家統一政府(NUG)によると、ミン・アウン・フラインが主導した2月のクーデター以降、2,000人の兵士が軍から離脱し、野党に合流していると言う。 ヒューマン・ライツ・ウォッチ、アジア部門副部長フィル・ロバートソンは、フランス24に対し、「ミャンマーでは、今ほどTatmadawタツマダ(*ミャンマー国軍の公式名)が嫌われていることはない」と語った。毎年、軍隊のメンバーは生活や労働条件に不満を持って離反している。しかし、今回は道徳的な理由が加わっている。兵士たちはもう政権を支持したくないのだという。 離反者の多くは、内戦状態のミャンマーで自国の人々に武器を向けることを拒否することが動機となっている。地元の活動家グループ「政治犯のための支援行動」(AAPP)によると、2月以降、国軍によって1,300人の民間人が殺害された。国連委員会は、軍によって行われた「人道に対する罪または戦争犯罪に相当する可能性のある違反」の証拠を発見している。 「2015年、私はアウンサンスーチー氏が民主的に選出された選挙で、投票所の安全を守るための警備にあたっていました。それが2021年には、軍が彼女を守る人たちを撃っています。軍隊が人を殺すのは我慢できません」と、Kaung Htet Aungさん(*仮名)はFRANCE