Seminar about Myanmar セミナー開催


We were invited to speak at a seminar hosted by a local senior club and talked about Myanmar’s history leading up to the 2021 coup d’état, and the current situation of the people’s lives. It was a pleasant surprise to see more people show up than expected.

地元のシニア・クラブ主催でミャンマーの現状についてセミナーでお話をさせていただきました。ミャンマーの歴史から2021 年のクーデターまでの流れ、現在の状況など詳しくお伝えすることができました。予想以上に多くの方に出席していただき感謝です。

HMJ founder Sawmi said “I can’t help but feel envious towards the evacuees in Ukraine. Many people have been able to escape by car, and they have help coming from all over the world. In Myanmar, more than 500,000 people have been displaced after their homes were burned down, but in many cases the elderly and children have no choice but to flee on foot. Only about 15,000 of them are lucky to reach refugee camps outside the country, where they can receive assistance. Most of them are in the woods or hiding in barns, desperately trying to stay alive.”

HMJ代表のソウミは、ウクライナの避難民の人々を「うらやましいと思ってしまう。」と語ります。「多くの人が車で逃げることができて、世界中から支援の手が差し伸べられている。ミャンマーでも家を焼かれるなどして50万人以上が避難しているが、お年寄りも子どもも歩いて逃げるしかないことがほとんど。国外の難民キャンプにたどり着けばまだ支援を受けられるが、その数は15,000人ほど。ほとんどが森の中や、納屋などで必死に命をつないでいる。」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

Education Program in Hualngo Land 教育プログラムの支援を開始します!Education Program in Hualngo Land 教育プログラムの支援を開始します!

Heartship Myanmar Japan will start to support an education program. Please read below for details. ハートシップ・ミャンマー・ジャパンでは、学校教育を再開させる教育プログラムの支援を実施することとしました。以下、その経緯と詳細です。 Chin State is the poorest state in Myanmar due