Houses destroyed by the junta 軍が家を破壊


These pictures are from Dalah in Yangon, where Heartship Myanmar Japan  has been donating rice.

A few weeks ago, the junta tore down many of their houses, saying that they are squatters that are living there illegally. They have become squatters because they have no other choice. Now they really have no place to live.

We hope to be able to conduct another donation soon.

写真は、ハートシップミャンマージャパンが米を配布しているヤンゴンのダラ地区の最近の様子です。

2週間ほど前、国軍が「不法占拠である」との理由で多くの家を破壊したということです。貧しく他に選択肢がないためにこの場所に住んでいた人々が、住む場所を失ってしまいました。

近日中に次の食料配布を実施できるよう計画中です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

ミャンマー支援資金不足、目標の4%=国連 Myanmar Aid Funding Shortfall 4% of Target = UNミャンマー支援資金不足、目標の4%=国連 Myanmar Aid Funding Shortfall 4% of Target = UN

今のミャンマーの現状についてまとめた、アジア経済ニュースの記事を英訳と共に紹介します。 This is an English translation of an NNA ASIA article laying out the current situation in Myanmar. 2024年4月9日 国連の人道問題調整事務所(OCHA)で資金調達・提携部門のディレクターを務めるリサ・ドーテン氏は4日、安全保障理事会でミャンマーの人道危機の状況を報告した。食糧や医療、教育などあらゆる面で状況が悪化しているにもかかわらず、今年必要な資金のうち、わずか4%しか集まっていないとして支援を訴えた。 April 9, 2024 Lisa Doughten,

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial