Houses destroyed by the junta 軍が家を破壊


These pictures are from Dalah in Yangon, where Heartship Myanmar Japan  has been donating rice.

A few weeks ago, the junta tore down many of their houses, saying that they are squatters that are living there illegally. They have become squatters because they have no other choice. Now they really have no place to live.

We hope to be able to conduct another donation soon.

写真は、ハートシップミャンマージャパンが米を配布しているヤンゴンのダラ地区の最近の様子です。

2週間ほど前、国軍が「不法占拠である」との理由で多くの家を破壊したということです。貧しく他に選択肢がないためにこの場所に住んでいた人々が、住む場所を失ってしまいました。

近日中に次の食料配布を実施できるよう計画中です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Related Post

Drone footage: Burnt village in Myanmar ドローン映像:焼け跡と化したミャンマーの町Drone footage: Burnt village in Myanmar ドローン映像:焼け跡と化したミャンマーの町

Reuters shares drone footage and a report on the Myanmar military burning villages. Below is a Japanese translation. ロイター通信が伝える記事の日本語の要訳をお届けします。国軍の攻撃を受け、焼け跡と化したミャンマーの村の様子をドローンカメラが映し出しています。 4月14日(ロイター) – ミャンマー中部の仏教の中心地、静かな川沿いの村、Binビンに残ったのは、瓦礫と灰、一基の黄金のパゴダのみ。人々が建てた木とレンガの家は、ほぼ残っていない。  活動グループData For Myanmarがによると、昨年のクーデターへの反対を抑え込もうとするミャンマー国軍によって、今年に入ってから100以上の村が部分的または完全に焼かれている。軍が破壊した民間建物や家屋は5500以上にのぼる。