Picture Book Group Seminar  講演&絵本作り


Today we were invited to talk about the current situation in Myanmar and our activities as Heartship Myanmar Japan to a group of volunteers who participate in making a translated version of picture books to be sent to refugee camps around the world🙂 It was pleasing to hear their comments afterwards, that hearing the story directly gives a much better understanding and a sense of personal connection. 

今日は、翻訳した絵本を作って世界中の難民キャンプに送る活動に参加しているグループの皆さんに、ミャンマーの現状とハートシップの活動内容についてお話させていただきました。講演後、直接話を聞くことで理解が深まるだけでなく身近に感じることができた、とコメントをいただきました。


This time, we asked local NPO Ailand to put together a set of cookies with our flyer and sold them for ¥1,000 per set. ¥500 will be donated to support the people in Myanmar. We also had a special giveaway bag for those who purchased two or more sets which was a success since most of people purchased 2 sets of cookies🙏

今回は、地元のNPO法人あいらんどさんに写真のようなクッキーとチラシのセットを作っていただき、1セット¥1,000で販売させていただきました。このうちの¥500をミャンマー支援に使わせていただきます。2セット以上購入していただいた方にはオリジナル・ピンバッジ付きのトートバッグをプレゼント!という企画にしたところ、ほとんどの方が2セット購入してくださり感謝です🙏

NPO Ailand is a store where people with disabilities work together in a positive environment, and their cookies, which they have been making for more than 20 years, are really delicious! (They say it took many years of trial and error in formulating the dough, kneading and many other processes to perfect the taste. ) We would definitely like to collaborate with them again if there is another chance in the future.

NPO法人あいらんどは障害者の方が生き生きと働いているお店で、20年以上前から作っているというクッキーも本当に美味しいです!(生地の配合、練り方、工程など長年試行錯誤を繰り返して今の味があるそうです)今後もこうした機会があればぜひまた依頼させてもらいたいと思います。

We would also like to thank Mr. Hachida, chairman of the Shiosai Club (and Bacon Club), who gave us advice on how to work with the community. (BTW, the bacon they make at the Bacon Club is also very tasty!)

また、地域との関わり方についてアドバイスくださった 潮騒くらぶ(べーこんくらぶ)の八田会長にも感謝いたします。(べーこんくらぶで作っているベーコンが、これまたとっても美味しいんですよ!)


After our talk about Myanmar, we also participated in making a picture book. After cutting out the translated sticker sheets, you place it over the Japanese,  being careful not to stick them on the wrong page. (The photos are books for Laos)
ミャンマーについてお話させていただいた後は、私たちも絵本作り参加させてもらいました。外国語に翻訳されているシールをハサミで切って、間違えないように正しいページに貼り付けていく作業です。(写真はラオス語の絵本)

At the end, Sawmi read us “The Nameless Cat” in Myanmar.

ミャンマー語に翻訳された絵本「なまえのないねこ」を作った方がいたので、最後にソウミに読んでもらいました。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

死刑宣告を受けた元ヒップホップ・スターとそれが意味すること死刑宣告を受けた元ヒップホップ・スターとそれが意味すること

This is a Japanese edited version of an opinion article on CNN. CNNに掲載されたZin Mar Aungミャンマー国民統一政府(NUG)外務大臣によるオピニオン記事を短く編集し日本語訳しました。 Zeyar Thawがミャンマー初のヒップホップ・アルバムをリリースしたのは2000年のこと。当時のミャンマーでは、これはほとんど革命だった。彼のラップは、多くの人の人生に影響を与え、自由を求めるその声は、必然的に彼を政治の世界へと導いた。 2011年、政治活動のために刑務所に入った後、ちょうど民主主義への移行が始まった頃、Zeyar Thawは釈放され、国会議員に選ばれた。 今、彼は死刑囚監房に座っている。数週間前、Zeyar Thawと仲間の活動家Ko Jimmyは、2021年2月に政権を奪った軍政によって死刑を宣告されたのである。このまま死刑が執行されれば、ミャンマーでは数十年ぶりのこととなる。 何の罪を犯したのか。 国軍側は、彼らが「テロ行為に関与した」としている 彼らは自由を信じ、求めただけである

Fundraising event in Urayasu まちづくり活動プラザにてFundraising event in Urayasu まちづくり活動プラザにて

10月29日(土)、まちづくり講座「国際協力の現場から学ぶ 支援すること 支え合うこと」の一環で開催されたフェアトレード展でハートシップ・ミャンマー・ジャパンも出展させていただきました。 On Saturday, October 29, Heartship Myanmar Japan participated in a fair trade event held as part of the community seminar “Learning from