Myanmar charges Japanese journalist with encouraging dissent 日本人ジャーナリスト、扇動罪で起訴


*写真は2020年10月_ KYODO

A Japan Times article. He is said to have been moved to a prison recently.
軍が実権を握るミャンマーで逮捕、拘束されているドキュメンタリー映像作家の久保田徹さんについて、the Japan Timesの記事です。現在、警察署から刑務所に移送されたと伝えられています。

A Japanese journalist detained in Myanmar has been charged with breaching immigration law and encouraging dissent against the military, the junta said Thursday.

ミャンマーで拘束された日本人ジャーナリストは、入国管理法違反と軍に対する反対意見を扇動した罪で起訴されたと、軍政権が木曜日に発表した。

Toru Kubota, who was held while covering a protest in Yangon last week, “has been charged under section 505 (a) and under immigration law 13-1,” the junta said in a statement.

先週ヤンゴンで抗議行動を撮影中に拘束された久保田徹氏は、「505条(a)および入国管理法13-1に基づき起訴された」とのこと。

505a — a law that criminalizes encouraging dissent against the military and carries a maximum three-year jail term — has been widely used by the military in its crackdown on dissent.

505a条とは、軍に対する反対意見を扇動することを犯罪とし、最高3年の懲役刑を科す法律で、反対意見を弾圧する際に軍によって広く使われてきた。

Breaching immigration law 13-1 carries a maximum of two years’ imprisonment.

また、入管法13条1項違反は最高で禁固2年である。

Filmmaker Kubota, 26, was detained last Saturday near an anti-government rally in Yangon along with two Myanmar citizens.

映像監督の窪田氏は、先週土曜日、ヤンゴンの反政府集会の近くで、2人のミャンマー人とともに拘束された。

He is the fifth foreign journalist detained in Myanmar after U.S. citizens Nathan Maung and Danny Fenster and freelancers Robert Bociaga of Poland and Yuki Kitazumi of Japan, who were all eventually freed and deported.

彼は、米国人のネイサン・マウンとダニー・フェンスター、フリーランサーのロバート・ボシアガ(ポーランド)、北角裕樹(日本)に続いて、ミャンマーで拘束された5人目の外国人ジャーナリストである。5人はその後全員解放され国外退去となった。

Myanmar’s junta has clamped down on press freedoms, arresting reporters and photographers, as well as revoking broadcasting licenses. As of March this year, 48 journalists remain in custody across the country, according to monitoring group Reporting ASEAN.

ミャンマー国軍は報道の自由を厳しく制限し、記者やカメラマンを逮捕し、放送免許を剥奪してきた。監視団体Reporting ASEANによると、今年3月現在、48人のジャーナリストが拘束されたままになっている。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

Drone footage: Burnt village in Myanmar ドローン映像:焼け跡と化したミャンマーの町Drone footage: Burnt village in Myanmar ドローン映像:焼け跡と化したミャンマーの町

Reuters shares drone footage and a report on the Myanmar military burning villages. Below is a Japanese translation. ロイター通信が伝える記事の日本語の要訳をお届けします。国軍の攻撃を受け、焼け跡と化したミャンマーの村の様子をドローンカメラが映し出しています。 4月14日(ロイター) – ミャンマー中部の仏教の中心地、静かな川沿いの村、Binビンに残ったのは、瓦礫と灰、一基の黄金のパゴダのみ。人々が建てた木とレンガの家は、ほぼ残っていない。  活動グループData For Myanmarがによると、昨年のクーデターへの反対を抑え込もうとするミャンマー国軍によって、今年に入ってから100以上の村が部分的または完全に焼かれている。軍が破壊した民間建物や家屋は5500以上にのぼる。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial