Military should be investigated for war crimes in response to ‘Operation 1027’ ミャンマー国軍は戦争犯罪で捜査されるべき


This is a slightly edited version of an article by Amnesty International regarding recent events in Myanmar.
ミャンマーで起きていることについて、一部を編集・要約したアムネスティ・インターナショナル(国際連合との協議資格をもつ国際的人権擁護組織)の記事をご紹介します。


Drawing on interviews with 10 civilians from Pauktaw township in Rakhine State and analyses of photographs, video material and satellite imagery, Amnesty International has documented likely indiscriminate attacks against civilians and civilian objects as well as, in northern Shan State, the use of banned cluster munitions, all of which should be investigated as war crimes.

アムネスティ・インターナショナルでは、ラカイン州Pauktaw townshipの10人の市民とのインタビューと、写真、ビデオ資料、衛星画像の分析を行い、市民への無差別攻撃の可能性が高いこと、またシャン州北部では、禁止されているクラスター弾の使用があった記録から、これらはすべて戦争犯罪として調査されるべき、としている。


“The Myanmar military has a blood-stained résumé of indiscriminate attacks with devastating consequences for civilians, and its brutal response to a major offensive by armed groups fits a longstanding pattern,” said Matt Wells, Director of Amnesty International’s Crisis Response Programme. “Nearly three years after the coup, the suffering of civilians across Myanmar shows no signs of easing, even as the issue has largely fallen off the international agenda.”

アムネスティ・インターナショナルの危機対応プログラムのディレクターであるマット・ウェルズは次のように語る。「ミャンマー軍には、民間人に壊滅的な結果をもたらす無差別攻撃という血で汚れた経歴があり、武装集団による大規模な攻撃に対するその残忍な対応は、長年のパターンに合致している。クーデターから3年近くが経ち、この問題が国際的な議題から大きく外れているにもかかわらず、ミャンマー全土の民間人の苦しみが和らぐ兆しはない。」


Hostilities have significantly escalated since 27 October 2023, when three ethnic armed organizations — the Arakan Army, the Myanmar National Democratic Alliance Army, and the Ta’ang National Liberation Army — launched coordinated attacks on military posts on the country’s northeastern border with China, in an offensive known as ‘Operation 1027’.

2023年10月27日、3つの民族武装組織(アラカン軍、ミャンマー民族民主同盟軍、タアン民族解放軍)が、「1027作戦」として知られる攻勢で、中国との北東国境にある国軍の駐屯地への攻撃を開始してから、敵対行為は著しくエスカレートしている。


As of 15 December, the UN said the violence since 27 October had reportedly killed at least 378 civilians, injured 505 more, and displaced more than 660,000 people, adding to the nearly two million already displaced across the country.

国連によれば、この戦闘はクーデター以来最も激しい衝突である。12月15日現在、国連によると、10月27日以降の暴力により、少なくとも378人の市民が死亡、505人が負傷し、66万人以上が避難したと報告されている。

Damaged buildings in Pauktaw, Rakhine State, after weeks of fighting, 18 December 2023. © Private

© Private 2023年12月18日、数週間の戦闘の後、ラカイン州Pauktawの損壊した建物

‘Everyone was struggling for their survival’ 誰もが生き残るために必死だった

On the morning of 16 November, Myanmar’s military began firing by air into Pauktaw town, Rakhine State, after the Arakan Army captured a police station.

11月16日の朝、アラカン軍が警察署を占拠した後、ミャンマー国軍はラカイン州Pauktaw町への空爆を開始した。


After its morning attack, the military ordered all civilians to leave within one hour. According to Amnesty International’s interviews with nine civilians present at the time and with a monk from a nearby village, most of Pauktaw’s 20,000 residents fled immediately. But at least several hundred were unable to evacuate before the military’s attacks resumed that afternoon.

朝の攻撃後、軍はすべての市民に1時間以内の退去を命じた。アムネスティ・インターナショナルが当時居合わせた民間人9人と近くの村の僧侶に取材したところによると、住民2万人のほとんどはすぐに逃げることができたが、少なくとも数百人は、その日の午後に軍の攻撃が再開されるまでに避難することができなかった。


One community worker, who helped people flee but was himself unable to evacuate until 24 November, said many older people and people with disabilities were left behind despite local volunteers’ efforts. He said: “Cars, motorbikes and other vehicles were no longer available for hire. Everyone was struggling for their survival.”

住民の避難を手伝ったが、自身も11月24日まで避難することができなかったある男性は、地元のボランティアの努力にもかかわらず、多くの高齢者や障害者が取り残されたと語った。「車やバイクなどの乗り物はもう借りられませんでした。誰もが生き延びるために必死でした。」


Many civilians sought refuge within the Lawka Hteik Pan pagoda compound on the town’s outskirts. “We thought that another plane and warships were coming, so [my wife and I] fled our home,” said a 65-year-old man.

多くの市民は、町の郊外にあるLawka Hteik Panパゴダの敷地内に避難した。「また飛行機と軍艦が来ると思ったので、(妻と私は)家から逃げました」と65歳の男性は言った。


Videos and photographs analyzed by Amnesty International’s weapons investigator show that Mi-24 Hind helicopters fired 57mm S-5K rockets, and ships fired 40mm high-explosive shells, into the city on 16 November. Only the Myanmar military operates those weapon systems.

アムネスティ・インターナショナルの武器調査官が分析したビデオ映像や写真によると、11月16日、Mi-24 Hindヘリコプターが57ミリS-5Kロケット弾を、艦船が40ミリ高爆薬弾を、それぞれ町に撃ち込んでいる。これらの兵器システムを運用しているのはミャンマー国軍だけである。


The use of these inaccurate weapons in populated areas raises concerns about the Myanmar military’s ability to distinguish between military targets and civilians or civilian objects. The attacks may thus be indiscriminate and, as such, should be investigated as war crimes.

人口密集地でこうした不正確な兵器を使用することは、ミャンマー軍が軍事目標と民間人や民間物を区別する能力について懸念を抱かせる。したがって、この攻撃は無差別である可能性があり、戦争犯罪として捜査されるべきである。


“I was arrested at gunpoint,” said a 24-year-old woman, who had sought shelter there with her family, including a young child. “The soldiers asked me if I was a member of the AA [Arakan Army]… I couldn’t say anything because I was so scared.”

「銃を突きつけられて逮捕されました」と、幼い子どもを含む家族とともに避難していた24歳の女性は語った。「兵士たちにAA(アラカン軍)のメンバーかと聞かれました……怖くて何も言えませんでした。」


During the day on 16 November, three women — two teachers and a pregnant popsicle vendor — were killed while hiding inside the Lawka Hteik Pan compound, according to one person who was also taking shelter in the compound and another person who saw the bodies. Amnesty International could not independently determine how the women were killed, but the person who saw the bodies indicated they had gunshot wounds.

11月16日の日中、3人の女性(2人の教師と妊娠中のアイスキャンディー売り)がローカ・ヒテイク・パンの敷地内に隠れている間に殺されたと、同じく敷地内に避難していた人や死体を見た人が証言している。女性たちがどのように殺害されたかは特定できなかったが、遺体を見た人物は、彼女たちが銃で撃たれていたと指摘している。


The same day, a 76-year-old monk was killed in the same compound. A person who saw the body told Amnesty International the monk was killed by a strike, not gunfire.

同じ日、同じ敷地内で76歳の僧侶が殺された。遺体を見た人がアムネスティ・インターナショナルに語ったところによると、僧侶は銃撃ではなく、殴打によって殺されたと言う。

‘We slept in fear’ 恐怖の中で眠った

That night, soldiers forced the more than 100 civilians at the Lawka Hteik Pan compound to stay outside in the heavy rain. “Some people’s hands were tied behind their backs,” said the 24-year-old woman arrested at gunpoint. “We all had to sit in the rain all night. At dawn the next day, they forced us to enter the temple [and] locked the door.”

その夜、兵士たちはローカ・ヒテイック・パンの敷地内にいた100人以上の市民を、大雨の中、外に追い出した。銃を突きつけられ逮捕された24歳の女性は言う。「私たちは皆、一晩中雨の中に座っていなければなりませんでした。翌日の明け方、今度は無理やり寺院に入れられ、ドアに鍵をかけられました。」


A 28-year-old woman who stayed in the town with her parents said soldiers from the Myanmar military discovered the place where they were hiding with two other families on the afternoon of 16 November, taking all the men and leaving the women and children behind after stealing their valuables including gold, cash and mobile phones. At dawn the next morning, another group of soldiers came and arrested the rest.

両親と町に残っていた28歳の女性は、11月16日の午後、ミャンマー軍の兵士たちが、自分たちが他の2家族とともに隠れていた場所を発見し、金、現金、携帯電話などの貴重品を盗んだ後、男性全員を連れ去り、女性と子どもたちを置き去りにしたと語った。翌朝の明け方、別の兵士の一団がやってきて、残りの者たちを逮捕した。


Those trapped at the Lawka Hteik Pan compound described being locked inside the prayer hall and denied food and water for two days. They also said soldiers took their mobile phones and other valuables. 

Lawka Hteik Panの敷地内に閉じ込められた人たちは、建物内に閉じ込められ、2日間食べ物も水も与えられなかったと語った。また、兵士たちは彼らの携帯電話やその他の貴重品を持ち去ったという。


After two days, the soldiers selected a handful of men to go take food from the town. “Some of the arrested men were called and forced to break into the stalls in the market and take food,” said the 24-year-old woman.

2日後、兵士たちは拘束した一握りの男たちを選び、町から食料を取りに行かせた。「何人かは呼び出され、市場の露店に押し入って食料を奪うよう強制されました」と24歳の女性は語った。


The arrest and detention of persons sheltering in the Lawka Hteik Pan compound amount to arbitrary deprivation of liberty. The treatment of the detained civilians, including through denial of food and water and exposure to extreme weather, violates the principle of humane treatment. Moreover, the stealing of civilians’ private property amounts to pillage, which is prohibited under international humanitarian law and constitutes a war crime.

Lawka Hteik Panの敷地内に避難している人々の逮捕と拘束は、恣意的な自由の剥奪に相当する。拘束された民間人に対する扱いは、食料と水の拒否や極端な天候への暴露を含め、人道的扱いの原則に違反している。さらに、民間人の私有財産の窃盗は、国際人道法で禁止され、戦争犯罪を構成する略奪に相当する。


A community worker, who was trapped in the town said that for the first five nights he could hear repeated gunfire and explosions. He hid with four other men in a house where they had no electricity, and their phone batteries ran out after two days. They also ran low on food and bottled water. “Some days we didn’t eat, and we slept in fear,” he said. At dawn on 24 November, he escaped to a nearby village.

町に閉じ込められた男性は、最初の5晩は、銃声と爆発音が繰り返し聞こえたという。他の4人の男性とともに電気もない家に隠れ、携帯電話のバッテリーは2日後に切れた。食料やペットボトルの水も不足し「食べられない日もあったし、恐怖の中で眠りました」と話した。11月24日の明け方、彼は近くの村に逃げ込んだ。

‘We had to run away through those bombardments’ 砲撃の中を逃げるしかなかった

On 21 November, the Arakan Army drove military forces out of Pauktaw and evacuated the captives from the Lawka Hteik Pan compound. Witnesses said that, as they escaped, the military fired on the town.

11月21日、アラカン軍はパウクタウから軍を追い出し、Lawka Hteik Panの屋敷から捕虜を避難させた。目撃者によると、彼らが逃げるとき、軍は町に発砲したという。


“We had to run away through those bombardments,” said the 28-year-old woman who had been held in the temple and is now sheltering in a nearby village. “I feel that I am safer now than before. However, we can still see our Pauktaw town burning with smoke after being bombarded.”

「私たちは砲撃の中を逃げなければなりませんでした」と、寺院に監禁され、現在は近くの村に避難している28歳の女性は語った。「今は以前より安全だと感じています。しかし、私たちのPauktaw町が爆撃の後、煙で燃えているのがまだ見えます」。


In the following days, the military continued to fire on civilian infrastructure in Pauktaw from the sea and air.

その後数日間、軍はのPauktaw町を海と空から砲撃し続けた。


Amnesty International reviewed satellite imagery of Pauktaw, though high-resolution imagery coverage is limited. A clear image captured on 01 December 2023 shows multiple areas with extensive burning, damage and destruction, including a probable market, probable civilian homes and areas around religious sites.

アムネスティ・インターナショナルはPauktawの衛星画像を確認したが、高解像度の画像は限られている。2023年12月1日に撮影された鮮明な画像には、市場、民家、宗教施設周辺など、広範囲に及ぶ焼失、損傷、破壊が見られる複数の地域が写っている。


In addition, the false-colour, near-infrared satellite imagery shows major destruction to buildings within a hospital compound and a crater nearby. The level of destruction and the size of the nearby crater suggest this damage was likely the result of air strikes. Imagery indicates the destruction occurred between 21 and 23 November.

さらに、フォールスカラーの近赤外線衛星画像では、病院敷地内の建物の大規模な破壊と、その近くのクレーターが写っている。破壊の程度と近くのクレーターの大きさから、この被害は空爆の結果である可能性が高い。画像によると、破壊は11月21日から23日の間に起こった。

False-colour, near-infrared satellite imagery from 1 December 2023 shows the reported hospital area. Healthy
vegetation appears in shades of red and unhealthy or burned vegetation appears darker shades of black and brown.
The imagery shows recently damaged and destroyed structures - highlighted with yellow boxes. A large crater, with an
approximately four-metre diameter, is highlight with a blue arrow.

False-colour, near-infrared satellite imagery from 1 December 2023 shows the reported hospital area. Healthy vegetation appears in shades of red and unhealthy or burned vegetation appears darker shades of black and brown. The imagery shows recently damaged and destroyed structures – highlighted with yellow boxes. A large crater, with an approximately four-metre diameter, is highlighted with a blue arrow.
2023年12月1日の偽色近赤外線衛星画像は、報告された病院区域を示している。健康な植生は赤の濃淡で、健康でない植生や焼けた植生は黒や茶の濃い濃淡で写っている。この画像では、最近被害を受け、破壊された建造物が黄色の枠で強調表示されている。直径約4メートルの大きなクレーターに青い矢印。

Evidence of cluster munitions クラスター弾の証拠

Amnesty International also documented an attack on Namkham township in northern Shan State. Late in the evening of 01 December 2023 or very early on 02 December, the Myanmar military conducted an air strike on Namkham using bombs that were most likely cluster munitions.

アムネスティ・インターナショナルは、シャン州北部のナムカム鎮守府への攻撃も記録している。2023年12月1日深夜から2日未明にかけて、ミャンマー軍はクラスター爆弾の可能性が高い爆弾を使用してナムカムへの空爆を行った。


Cluster munitions are internationally banned as they are inherently indiscriminate, and their use constitutes a war crime.

クラスター弾は本質的に無差別であるため国際的に禁止されており、その使用は戦争犯罪を構成する。


Amnesty International’s weapons investigator analyzed five photographs of ordnance scrap recovered at the scene, and identified the remains of a cluster munitions dispenser.

アムネスティ・インターナショナルの武器調査官は、現場で回収された破片の写真5枚を分析し、クラスター弾散布機の残骸を確認した。


In addition, two videos provided to Amnesty International, and confirmed by the organization’s Crisis Evidence Lab as newly posted online, show the moment of the attack. After the sound of a passing jet aircraft, there are approximately 10 detonations in a line over the course of three seconds.

さらに、アムネスティ・インターナショナルに提供され、同団体の危機証拠ラボが新たにオンラインに掲載したことを確認した2本のビデオには、攻撃の瞬間が映っている。ジェット機の通過音の後、3秒間に約10回の爆発が並んでいる。


The videos are dark, as the attack was at night, but the aircraft use and pattern of detonations are consistent with the deployment of air-dropped cluster munitions. According to a report by the Ta’ang National Liberation Army, the attack killed one local resident, injured five others, and damaged some homes.

攻撃は夜だったため映像は暗いが、航空機の使用状況や爆発のパターンは、空から投下されたクラスター弾の展開と一致している。タアン民族解放軍の報告によると、この攻撃で地元住民1人が死亡、5人が負傷し、家屋が数軒損壊した。


The tail kit, exposed electronics, and internal plumbing of the dispenser scrap in the photographs match the remnants of previous cluster munitions used in attacks by the Myanmar military.

写真に写っているディスペンサーのスクラップのテールキット、露出した電子機器、内部配管は、ミャンマー軍の攻撃で使用された過去のクラスター弾の残骸と一致する。

© Private アムネスティ・インターナショナルがクラスター弾ディスペンサーと特定した、シャン州北部で回収された兵器スクラップ

Amnesty International has documented the military’s unlawful use of cluster munitions in attacks on a community gathering in a school in Mindat township in Chin State on 02 July 2022, on a village in Demoso township in Kayah State on 13 April 2022, and during fighting in Kayin State on 10 April 2022.

アムネスティ・インターナショナルは、2022年7月2日にチン州のミンダット郷にある学校のコミュニティ集会への攻撃、2022年4月13日にカヤー州のデモソ郷にある村への攻撃、そして2022年4月10日にカイン州での戦闘において、軍がクラスター弾を不法に使用したことを記録している。


“As the world stands by, the Myanmar military is again showing the brutality it unleashes on civilians. The UN Security Council must urgently impose an arms embargo to protect civilians from further catastrophe,” said Matt Wells. “The military’s impunity must finally end. We reiterate our call to refer the situation in Myanmar to the International Criminal Court and bring the perpetrators of crimes under international law to justice.”

「世界が傍観しているなか、ミャンマー軍は再び一般市民に対する残虐性を見せている。国連安全保障理事会は、さらなる大惨事から市民を守るため、緊急に武器禁輸措置を講じなければならない」とマット・ウェルズ氏は述べた。「軍の不処罰はついに終わらなければならない。私たちは、ミャンマーの状況を国際刑事裁判所に付託し、国際法に基づく犯罪の加害者を裁くよう、改めて呼びかけます」。


Background 背景

Since the February 2021 military coup, Myanmar has experienced a severe escalation of human rights violations. The military’s use of lethal force against nonviolent protesters in February and March of 2021 provoked an armed uprising that continues to intensify.

2021年2月の軍事クーデター以来、ミャンマーでは人権侵害が深刻化している。2021年2月と3月に軍が非暴力デモ参加者に対して行った殺傷力の行使は、武装蜂起を誘発し、現在も激化している。


In a May 2022 report,‘Bullets rained from the sky’: War crimes and displacement in eastern Myanmar, Amnesty International found Myanmar’s military had subjected civilians to collective punishment via widespread aerial and ground attacks, arbitrary detentions, torture, extrajudicial executions, and the systematic looting and burning of villages.

2022年5月の報告書「空から弾丸が降ってきた: アムネスティ・インターナショナルは、ミャンマー軍が広範な空爆や地上攻撃、恣意的な拘束、拷問、超法規的処刑、組織的な略奪や村の焼き討ちによって、市民を集団処罰の対象としていることを明らかにした。


An August 2022 report, 15 days felt like 15 years: Torture in detention since the Myanmar coup, documented violations by the Myanmar security forces, including torture or other cruel, inhuman or degrading treatment or punishment, when they arrested, interrogated, and detained individuals suspected of being involved in protests.

2022年8月の報告書『15日間が15年のように感じられた: ミャンマー・クーデター以降の拘禁における拷問は、ミャンマー治安部隊が抗議行動に関与したと疑われる個人を逮捕、尋問、拘禁した際の、拷問やその他の残虐な、非人道的な、あるいは品位を傷つけるような待遇や刑罰を含む違反行為を文書化したものである。


A November 2022 report, Deadly Cargo: Exposing the Supply Chain that Fuels War Crimes in Myanmar, called for a suspension of the supply of aviation fuel to prevent the military from carrying out unlawful air strikes.

2022年11月に発表された報告書「Deadly Cargo: Exposing the Supply Chain that Fuels War Crimes in Myanmar」は、軍による違法な空爆を防ぐため、航空燃料の供給停止を求めた。


On 09 October 2023, a military air strike followed by mortar fire on Mung Lai Hkyet, an internally displaced persons camp in Kachin State, killed at least 28 civilians including children, and injured at least 57 others.

2023年10月9日、カチン州の国内避難民キャンプであるムンライ・ヒェットに対する軍の空爆と迫撃砲による砲撃により、子どもを含む少なくとも28人の市民が死亡し、少なくとも57人が負傷した。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial