The People Rising  立ち上がる人々

The people of Myanmar are living in terror and are being attacked by the armed forces whom they had sworn to protect. Yet, without help from the international community they have had no choice but to act by forming self-defense teams to protect themselves. We are calling for the implementation of Responsibility to Protect (R2P) to fight against the government’s military for the freedom of Myanmar. 

The first people who implemented Right to Protect (R2P) were one of the eight ethnic groups called Chins.  They were the first People Defense Force who raised and fought against the junta.  Chins are known for their courage and loyalty since the time the country fought for independence.  In March 2021, Chins from Kalay area defended themselves with traditional home-made antique hunting guns called Tu-mi-ta-nat. 

Not long after this battle in Kalay, to protect the people in Mindat, ChinLand Defense Force Mindat was formed.  Since May, there have been several battles between CDF Mindat and the junta. CDF Mindat armed themselves with home-made outdated-technology hunting guns against the heavily armed junta with machine guns and sniper rifles.  They even resorted to using stones and even sticks with sharpened points and won some of the first battles. These battles made headlines in several news outlets including major international news. 

Since then, People Defense Forces have been set up in different areas of Chin State such as Hakkha and Thantlang. In April, Chin National Defense Force (CNDF) was formed in the Falam area.  CDF-Mindat, CDF-Thantlang and CNDF have won several battles against the junta and have taken over some of their camps. Yet, it is still a tough situation for the people.

市民を守るべき軍隊から攻撃され、ミャンマーの人々は恐怖に怯えて暮らしています。国際社会からの協力も得られない以上、自分たちで自衛団を結成するしかありませんでした。R2P(保護する責任)を掲げ、ミャンマー市民の自由のために軍政府と対峙するしかないのです。

最初にR2Pを実施したのは、チン民族です。PDF人民防衛隊を結成し軍と戦いました。ミャンマー独立戦争の時代から、チン族の勇気と忠誠心は広く知られています。2021年3月、カレイ出身のチン族部隊が、軍相手にトゥミタナットと呼ばれる手作りの猟銃で応戦しました。

この後まもなくして、今度はミンダットでCDF(チン州人民防衛隊) Mindatが結成されました。5月以降、何度も激しい戦いが繰り広げられ、最新鋭のマシンガンやライフルで武装する軍に対し古い猟銃や手作りの武器、それが尽きたら石や槍まで手にして応戦し、勝利することもありました。これらミンダットでの戦いは国際社会のニュースでも大きく取り上げられました。

その後もHakkhaやThantlangなどチン州の別の地域でもPDF(人民防衛隊)が、Falam地域では4月にCNDFチン国防軍が結成されました。CDF-ミンダット、CDFーThantlang、CNDFといったグループは、何度か軍に勝利し陣営を奪うことにも成功していますが苦しい状況であることはかわりません。

These and other related stories have been reported in other media such as the New York Times. ニューヨークタイムスなどのメディアでも報じられています。

Related Post

“Five dead after Myanmar security forces ram car into Yangon protest” 「ヤンゴン市内で抗議活動中の市民に国軍の車両が突っ込み5人死亡」“Five dead after Myanmar security forces ram car into Yangon protest” 「ヤンゴン市内で抗議活動中の市民に国軍の車両が突っ込み5人死亡」

Incident Making International Headlines For the full story, please go to the Reuters news site. PhotoCredit@Reuters 今朝ヤンゴンで起きた事件について、メディア各紙が伝えています。ロイターの記事のリンクをシェアしますが英文のみなので以下、記事の和訳をつけます。 ************************************************ 12月5日 ロイター 日曜日の朝、ヤンゴンで行われていた反クーデターのデモに、ミャンマー国軍が車で突っ込み、5人が死亡、少なくとも15人が逮捕されたと、地元のニュースポータル「ミャンマー・ナウ」が報じた。 現場での目撃者はロイターに対し、数十人が負傷したと語った。ソーシャルメディアにアップされた写真や動画には、デモ隊を突き破って突っ込んだ車や、道路に横たわる遺体が写っている。 午前中にこのような事件があったにもかかわらず、午後にはヤンゴンで別の抗議活動が行われた。 2月1日のクーデター以来、1,300人以上が殺害されたにもかかわらず、反軍事的な抗議活動が続いている。これらは、ノーベル賞受賞者のアウンサンスーチー氏が率いる選挙で選ばれた政府を転覆させ、軍政を復活させたことに反対の声を上げる小グループが多い。 野党の影の政府は、平和的なデモ参加者が墜落し、銃殺されるのを見て心を痛めていると述べた。