Satawm refugees in Mizoram, India インド、ミゾラムで難民生活を送るサタウム村の人々

Satawm is a small village of about 60 households located in the borderline of Myanmar and India. 
On 17 September 2021, there was a shooting between the junta and Chin National Defense Force (CNDF). 

Since then, some of the villagers fled to the nearest village in Mizoram State, India and some are hiding in their farm and some in the forest.  The weather is getting cold with heavy rain, Satawm villagers are struggling hard for survival. 

Za Hlei Tiali (45), is an unwell mother living together with her family now in a small barn without walls.  The condition of her health is getting worse due to the cold weather and being unable to get the necessary medicines.

2021年9月17日、インドとの国境に近くに位置する60世帯ほどの小さな村サタウム(Satawm)で、国軍とChin National Defense Force (CNDF)の銃撃戦が起きたため、村民は避難生活を送っています。

納屋や森に隠れている者もいれば、インドのミゾラム州(Mizoram)で難民として暮らす村民も多くいます。秋になり気温も下がり雨も多く、苦しい状況が続いています。

Za Hlei Tialiさん(45才)は体調を崩していますが、家族と共に壁もない納屋で生活しています。寒さで容体が悪化していますが、薬も手に入らないそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

Drone footage: Burnt village in Myanmar ドローン映像:焼け跡と化したミャンマーの町Drone footage: Burnt village in Myanmar ドローン映像:焼け跡と化したミャンマーの町

Reuters shares drone footage and a report on the Myanmar military burning villages. Below is a Japanese translation. ロイター通信が伝える記事の日本語の要訳をお届けします。国軍の攻撃を受け、焼け跡と化したミャンマーの村の様子をドローンカメラが映し出しています。 4月14日(ロイター) – ミャンマー中部の仏教の中心地、静かな川沿いの村、Binビンに残ったのは、瓦礫と灰、一基の黄金のパゴダのみ。人々が建てた木とレンガの家は、ほぼ残っていない。  活動グループData For Myanmarがによると、昨年のクーデターへの反対を抑え込もうとするミャンマー国軍によって、今年に入ってから100以上の村が部分的または完全に焼かれている。軍が破壊した民間建物や家屋は5500以上にのぼる。

Confirmed deaths of NGO staff by the military / 軍によるNGOスタッフ殺害が明らかにConfirmed deaths of NGO staff by the military / 軍によるNGOスタッフ殺害が明らかに

Latest reports confirmed the deaths of Save the Children staff. (The following is a Japanese translation of the report by NHK World-Japan.)国軍による攻撃でNGOセーブ・ザ・チルドレンのスタッフも殺害されていたことが明らかになりました。以下、NHK World-Japanの報道内容の和訳です。 ミャンマー軍がNGOスタッフを殺害 国際支援団体セーブ・ザ・チルドレンは、ミャンマー東部で遺体が発見された民間人犠牲者35人の中に、現地スタッフ2人が含まれていると発表しました。