Thantlang City Burning 焼かれるタンタラン市

Houses are burning in Thantlang city, Chin State, Myanmar. Thankfully, no citizens were there during the attack, but this does not mean that the people are not suffering.

Thantlang is one of the biggest cities in Chin State with a population of about 10,000.

The Chin National Front (CNF) and Chin National Army (CNA) are both based in this area. These are both people’s armies that merged their resources  to protect the people from the junta. The Chinland Defense Force (CDF), another large people’s army, also has a strong presence in this area as they have won several battles in nearby cities.

The junta’s first attack on Thantlang happened on September 18, 2021 which led to the death of Pastor Van Biak Hum. He was an innocent citizen who had rushed to extinguish a building that had been set ablaze, only to be shot to death by the junta’s soldiers.  Horrifically, the soldiers cut off his finger to steal his gold wedding ring.  Pastor Van Biak Hum is survived by a wife, two young children and the pastor’s unborn child.

After this attack, the citizens fled from the city fearful of being killed. About 6,000 citizens have become refugees in Mizoram State, India. Others are hiding out in different villages nearby.

A  second attack occurred on Oct 29, 2021. The junta was firing incendiary rockets into Thantlang city, burning down houses and prominent buildings such as churches. (164 houses, 2 churches, 1 church office, and 1 bank as of Oct 30)  Now, the people have no place to go back to, as much of the city has been burnt to the ground. 

ミャンマー、チン州タンタラン市で家が燃やされています。市民は避難していますが、悲惨な状況であることに変わりはありません。

タンタラン市は人口10,000人ほどのチン州では大きな市で、市民を守るために結成された民兵組織のChin National Front (CNF=チン民族戦線)とChin National Army (CNA=チン民族軍)がこのエリアを拠点にしています。また、民兵組織としては大規模なChinland Defense Force (CDF=チン防衛軍)も近隣の都市で戦いに勝利しています。

国軍が初めてタンタラン市を攻撃したのは2021年9月18日。この時、放火された建物の消火に駆けつけたヴァン・ビアク・ハム牧師が国軍兵士に銃殺されました。兵士らはさらに、牧師の金の結婚を奪うため遺体の指を切り落としました。牧師は妻と2人の幼い子供たち、そしてこれから生まれる3人目の赤ん坊を残して命を落としました。

この攻撃を受けて、兵士らに殺されることを恐れて市民は家を捨てて避難しています。およそ6,000人がインドのミゾラム州で難民生活を送り、それ以外の市民は近隣の村などで息を殺して隠れているといいます。

そして2021年10月29日、タンタラン市への2度目の攻撃。国軍が焼夷弾を次々と撃ち込み、家屋や教会などの建物が激しく燃えています。(10月30日現在、家屋164棟、教会2棟、教会事務所1棟、銀行1軒)住む場所を焼かれた人々は、帰る場所を失ってしまいました。


Photo Credit@Chinland Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

“Five dead after Myanmar security forces ram car into Yangon protest” 「ヤンゴン市内で抗議活動中の市民に国軍の車両が突っ込み5人死亡」“Five dead after Myanmar security forces ram car into Yangon protest” 「ヤンゴン市内で抗議活動中の市民に国軍の車両が突っ込み5人死亡」

Incident Making International Headlines For the full story, please go to the Reuters news site. PhotoCredit@Reuters 今朝ヤンゴンで起きた事件について、メディア各紙が伝えています。ロイターの記事のリンクをシェアしますが英文のみなので以下、記事の和訳をつけます。 ************************************************ 12月5日 ロイター 日曜日の朝、ヤンゴンで行われていた反クーデターのデモに、ミャンマー国軍が車で突っ込み、5人が死亡、少なくとも15人が逮捕されたと、地元のニュースポータル「ミャンマー・ナウ」が報じた。 現場での目撃者はロイターに対し、数十人が負傷したと語った。ソーシャルメディアにアップされた写真や動画には、デモ隊を突き破って突っ込んだ車や、道路に横たわる遺体が写っている。 午前中にこのような事件があったにもかかわらず、午後にはヤンゴンで別の抗議活動が行われた。 2月1日のクーデター以来、1,300人以上が殺害されたにもかかわらず、反軍事的な抗議活動が続いている。これらは、ノーベル賞受賞者のアウンサンスーチー氏が率いる選挙で選ばれた政府を転覆させ、軍政を復活させたことに反対の声を上げる小グループが多い。 野党の影の政府は、平和的なデモ参加者が墜落し、銃殺されるのを見て心を痛めていると述べた。

How Myanmar Protests Morphed Into an Armed Uprising ミャンマーの抗議活動が武装蜂起に発展するまでHow Myanmar Protests Morphed Into an Armed Uprising ミャンマーの抗議活動が武装蜂起に発展するまで

This article by NHK WORLD-Japan is a good summary of what is happening in Myanmar since the military coup.https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/backstories/1805/Photo Credit@NHK WORLD-Japan NHKワールドJapanのこちらの記事が、クーデター後のミャンマーの出来事をまとめているので紹介させていただきます。 ミャンマーの抗議活動が武装蜂起に発展するまで クーデター直後のミャンマーでは、街中にデモ隊があふれ、鍋を叩く音が響いていた。しかし、9カ月が経過した今、抵抗の形は変わり、非暴力で始まった運動は、全国規模の武装蜂起へと発展している。 平和的抗議活動から武装革命へ