Thantlang City Burning 焼かれるタンタラン市

Houses are burning in Thantlang city, Chin State, Myanmar. Thankfully, no citizens were there during the attack, but this does not mean that the people are not suffering.

Thantlang is one of the biggest cities in Chin State with a population of about 10,000.

The Chin National Front (CNF) and Chin National Army (CNA) are both based in this area. These are both people’s armies that merged their resources  to protect the people from the junta. The Chinland Defense Force (CDF), another large people’s army, also has a strong presence in this area as they have won several battles in nearby cities.

The junta’s first attack on Thantlang happened on September 18, 2021 which led to the death of Pastor Van Biak Hum. He was an innocent citizen who had rushed to extinguish a building that had been set ablaze, only to be shot to death by the junta’s soldiers.  Horrifically, the soldiers cut off his finger to steal his gold wedding ring.  Pastor Van Biak Hum is survived by a wife, two young children and the pastor’s unborn child.

After this attack, the citizens fled from the city fearful of being killed. About 6,000 citizens have become refugees in Mizoram State, India. Others are hiding out in different villages nearby.

A  second attack occurred on Oct 29, 2021. The junta was firing incendiary rockets into Thantlang city, burning down houses and prominent buildings such as churches. (164 houses, 2 churches, 1 church office, and 1 bank as of Oct 30)  Now, the people have no place to go back to, as much of the city has been burnt to the ground. 

ミャンマー、チン州タンタラン市で家が燃やされています。市民は避難していますが、悲惨な状況であることに変わりはありません。

タンタラン市は人口10,000人ほどのチン州では大きな市で、市民を守るために結成された民兵組織のChin National Front (CNF=チン民族戦線)とChin National Army (CNA=チン民族軍)がこのエリアを拠点にしています。また、民兵組織としては大規模なChinland Defense Force (CDF=チン防衛軍)も近隣の都市で戦いに勝利しています。

国軍が初めてタンタラン市を攻撃したのは2021年9月18日。この時、放火された建物の消火に駆けつけたヴァン・ビアク・ハム牧師が国軍兵士に銃殺されました。兵士らはさらに、牧師の金の結婚を奪うため遺体の指を切り落としました。牧師は妻と2人の幼い子供たち、そしてこれから生まれる3人目の赤ん坊を残して命を落としました。

この攻撃を受けて、兵士らに殺されることを恐れて市民は家を捨てて避難しています。およそ6,000人がインドのミゾラム州で難民生活を送り、それ以外の市民は近隣の村などで息を殺して隠れているといいます。

そして2021年10月29日、タンタラン市への2度目の攻撃。国軍が焼夷弾を次々と撃ち込み、家屋や教会などの建物が激しく燃えています。(10月30日現在、家屋164棟、教会2棟、教会事務所1棟、銀行1軒)住む場所を焼かれた人々は、帰る場所を失ってしまいました。


Photo Credit@Chinland Post

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Related Post

Myanmar Soldiers Defect to Join Resistance ミャンマー国軍から脱走する兵士たちMyanmar Soldiers Defect to Join Resistance ミャンマー国軍から脱走する兵士たち

今回はフランスのメディアの記事を紹介します。以下、日本語訳です。Let us share an article from the French media, FRANCE24. ***************************** 「人々を守るために入隊したのに」 ミャンマー国軍から、推定2000人の兵士が亡命しているという。35万人の兵士が残っているとはいえ、脱走者が出れば軍部の支配力が弱まる可能性がある。 元ミャンマー国軍の兵士Yey Int Thweさん(*仮名)は、7月25日を「すべてが変わった」日として記憶している。30歳の彼は、10人ほどの兵士のグループの一員として、ミャンマーの首都ヤンゴン南東部の家に押し入っていた。彼らの任務は、ミャンマー国軍(Tatmadawタツマダ)の一員として、2月1日の軍事クーデターに対する抗議行動を組織したと疑われる人々を逮捕すること。そこでThweさんは、武装して手錠をかけられた自分のいとこと対面したのである。 「ショックでした。子供の頃から一緒に過ごしてきたのに、突然、彼と戦い、彼を逮捕することになったのです。彼が自分の意見を表明したから、というそれだけの理由で。」と、元兵士Thweさんはフランス24に語った。「軍隊を辞めなければならないと思った瞬間でした。」 その夜、彼は兵舎に戻り、脱走計画を練り始め、それから5ヵ月後の現在、ミャンマーとタイの国境近くのジャングルに身を隠して暮らしている。 「人々を守るために軍に入ったのに」 国家統一政府(NUG)によると、ミン・アウン・フラインが主導した2月のクーデター以降、2,000人の兵士が軍から離脱し、野党に合流していると言う。 ヒューマン・ライツ・ウォッチ、アジア部門副部長フィル・ロバートソンは、フランス24に対し、「ミャンマーでは、今ほどTatmadawタツマダ(*ミャンマー国軍の公式名)が嫌われていることはない」と語った。毎年、軍隊のメンバーは生活や労働条件に不満を持って離反している。しかし、今回は道徳的な理由が加わっている。兵士たちはもう政権を支持したくないのだという。 離反者の多くは、内戦状態のミャンマーで自国の人々に武器を向けることを拒否することが動機となっている。地元の活動家グループ「政治犯のための支援行動」(AAPP)によると、2月以降、国軍によって1,300人の民間人が殺害された。国連委員会は、軍によって行われた「人道に対する罪または戦争犯罪に相当する可能性のある違反」の証拠を発見している。 「2015年、私はアウンサンスーチー氏が民主的に選出された選挙で、投票所の安全を守るための警備にあたっていました。それが2021年には、軍が彼女を守る人たちを撃っています。軍隊が人を殺すのは我慢できません」と、Kaung Htet Aungさん(*仮名)はFRANCE

How Myanmar Protests Morphed Into an Armed Uprising ミャンマーの抗議活動が武装蜂起に発展するまでHow Myanmar Protests Morphed Into an Armed Uprising ミャンマーの抗議活動が武装蜂起に発展するまで

This article by NHK WORLD-Japan is a good summary of what is happening in Myanmar since the military coup.https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/backstories/1805/Photo Credit@NHK WORLD-Japan NHKワールドJapanのこちらの記事が、クーデター後のミャンマーの出来事をまとめているので紹介させていただきます。 ミャンマーの抗議活動が武装蜂起に発展するまで クーデター直後のミャンマーでは、街中にデモ隊があふれ、鍋を叩く音が響いていた。しかし、9カ月が経過した今、抵抗の形は変わり、非暴力で始まった運動は、全国規模の武装蜂起へと発展している。 平和的抗議活動から武装革命へ