1,000 days since the coup クーデターから1,000日


From NHK World – Japan
NHKワールドの記事の紹介です。

Myanmar people in Japan rally for their homeland

在日ミャンマー人、祖国の窮状を訴える

People from Myanmar now living in Japan held a rally demanding democracy in their home country.

Sunday marks 1,000 days since the military coup there.

The demonstrators want to keep global attention on Myanmar’s plight…even as the world’s focus turns to conflicts in the Middle East and Ukraine.

母国の民主化を求めて、日本在住のミャンマー人らが集会を開催しました。

日曜日は、ミャンマーでの軍事クーデターから1000日目。

世界の関心が中東やウクライナの紛争に向けられる中、ミャンマーの苦境に世界的な関心を向け続けようとしています。

About 200 people from Myanmar and their supporters gathered in central Tokyo to protest military rule.

They walked through the capital chanting, “Free Myanmar, free our leaders.”

The country has been in chaos since the military seized power in February 2021. It toppled the democratically elected government and ousted leader Aung San Suu Kyi.

約200人のミャンマー人とその支援者が、軍政に抗議するため東京都心に集まり、「ミャンマーに自由を!リーダーたちの釈放を!」と唱えながら歩きました。

The country has been in chaos since the military seized power in February 2021. It toppled the democratically elected government and ousted leader Aung San Suu Kyi.

2021年2月に軍が政権を掌握して以来、ミャンマーは混乱状態にあります。軍は民主的に選出された政府を覆し、指導者アウン・サン・スー・チー氏を追放しました。


Pro-democracy forces have been fighting against the junta, which has brutally cracked down on all dissent.

A local human rights group says more than 4,000 civilians — including children — have been killed since the coup.

A UN humanitarian agency estimates nearly two million people have been internally displaced. Many need life-saving assistance.

民主化推進勢力は、あらゆる反対意見を残酷に取り締まる軍と戦ってきました。

地元の人権団体によると、クーデター以降、子どもを含む4,000人以上の市民が殺害されているとことです。

国連の人道支援機関によると、200万人近くが国内避難民になったと推定。多くの人が救命支援を必要としています。

A participant said, every time she is about to lose hope, she remembers the faces of her friends detained by the military.

“The world seems to have forgotten Myanmar as time passed. But please support us until our pro-democracy movement wins.”

ある参加者は、希望を失いそうになるたびに、軍に拘束された友人たちの顔を思い出すと言います。

「時間が経つにつれ、世界はミャンマーを忘れてしまったようです。民主化運動が勝利するまで、どうか私たちを支援してください。」


A Japanese participant said a video about displaced children in Myanmar moved him. He says they live without access to education, or even enough food and water.

“I can’t accept that they live in total despair without hope, when we live on the same earth in such different conditions.”

ある日本人参加者は、ミャンマーの避難民の子どもたちについての映像を見て心を打たれたと言います。

「教育も受けられず、十分な食べ物や水さえ与えられずに暮らしていると言います。同じ地球上に住みながら、これほどまでに状況が違うなんて。彼らが希望もなく絶望の中で生きなければならないなんて納得がいきません。」

Myanmar people at the rally said they want the world to see they have not given up

集会に参加したミャンマーの人々は、自分たちがあきらめていないことを世界に知ってほしいと語ります

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

Myanmar banns local possession of foreign currency ミャンマー、外貨の保有を禁止Myanmar banns local possession of foreign currency ミャンマー、外貨の保有を禁止

This is an edited version of an article in Asia Times. This new policy is directly affecting our partners in Myanmar. 短く編集したAsia Timesの記事とその和訳をご紹介します。今回の措置は、ミャンマー在住のハートシップの協力者たちの生活にも影響を与えています。 New measures

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial