Myanmar coup: The soldiers refusing to fight  脱兵増加するミャンマー国軍


This is an edited translation of a BBC article.
一部編集し和訳したBBCの記事を紹介します。

Defected soldiers in Thailand
IMAGE SOURCE,KEVIN KIM/BBC

The Myanmar military is suffering defections from its forces and is finding it hard to recruit. In exclusive interviews, newly-defected soldiers tell the BBC that the junta, who seized power in a coup two years ago, is struggling to suppress the armed pro-democracy uprising.

ミャンマー国軍からの離反が増え、新兵の採用が難しくなっている。離反した兵士が独占インタビューでBBCに語ったところによると、2年前にクーデターで政権を掌握した元軍事政府は、民主化運動の武装蜂起を抑えるのに苦労しているという。


“No-one wants to join the military. People hate their cruelty and unjust practices,” says Nay Aung. The first time he tried to leave his base he was badly beaten with a rifle butt and called a “traitor”.

「軍隊に入りたがる人は誰もいません。誰もが国軍の残酷さと不当な行為を嫌っています」と話すNay Aungさん。初めて軍を抜けようとしたとき、ライフル銃でひどく殴られ、「裏切り者」と罵られた。


He managed to escape the second time and flee across the border to Thailand with the support of opposition groups.

“One of my friends is in the resistance,” he says. “I called him and he told people here in Thailand about me. I arrived here with their help.”

He’s now living in a safehouse along with 100 other newly-defected soldiers and their families. These men, who refused to fight their own people, are now in hiding so we are not using their real names. They’re being housed and protected by the very resistance movement they were ordered to fight.

2度目はなんとか逃げ切り、軍に対立するグループの支援を受けながら国境を越えタイに逃れた。

「友人の一人がレジスタンスに参加していて、彼に電話すると、タイの人々に私のことを話してくれました。助けでなんとかここにたどり着きました。」

 Nay Aungさんは今、他の100人の脱北したばかりの兵士とその家族とともに、隠れ家で暮らしている。自国民と戦うことを拒否した彼らは、現在身を隠しているため、実名は伏せています。彼らは、戦うよう命じられていた相手に保護されていることになる。

A defected soldier lights a cigarette
タイで身を隠して暮らす脱兵たち

Since the military seized power in a coup in February 2021, more than 13,000 soldiers and policemen have defected, according to the exiled National Unity Government of Myanmar (NUG)

亡命中のミャンマー国民統一政府(NUG)メンバーによると、2021年2月のクーデター以来、1万3000人以上の兵士や警察官が離反している

At 19, Maung Sein is the youngest in the safehouse. He joined the military when he was just 15 years old.

“I admired the military,” Maung Sein says, and he wanted to make his family proud. But the military’s violent crackdown on the nationwide uprising demanding democracy has dramatically changed people’s view of men in uniform.

“We saw online people calling us ‘military dogs’,” he says – the animal term is one of the biggest insults in Myanmar. “That made me sorry and sad.”

隠れ家で最年少は、19歳のMaung Seinさん。15歳で軍に入隊した。

「軍に憧れていたし、家族に誇れる存在になりたかった」と言う。しかし、民主化を求める全国的な蜂起に対する軍の暴力的な弾圧は、軍服を着た男性に対する人々の見方を劇的に変化させた。

「ネット上で “軍の犬 “と呼ばれているを見て、残念で悲しかった。」


Maung Sein says foot soldiers like him couldn’t disobey “orders from above” to “kill civilians and burn villages”.

Maung Sein さんのような歩兵は「民間人を殺し、村を焼け」という“上からの命令”に逆らえなかった。

But he also left because he thinks the military is in a weak position.

Ethnic armed organisations in the border regions alongside a network of civilian militia groups, called the People’s Defence Forces (PDF), are proving to be a much stronger force than many expected and the Myanmar military has lost control of large parts of the country.

In Magway Division and Sagaing Division, places that previously provided the military with many recruits, young people are instead joining the civilian militia.

彼が国軍を去ったのは、軍が追い込まれていると感じたからでもあった。

国境地帯の民族武装組織と、人民防衛軍(PDF)と呼ばれる民間民兵組織のネットワークは、当初の予想よりもはるかに強力であること証明され、ミャンマー軍は国の大部分を支配できなくなっている。

以前は国軍に多くの新兵を提供していたマグウェイ師団やサガイン師団では、若者たちが代わりに民兵に加わっている。

Members of ethnic rebel group Ta'ang National Liberation Army (TNLA) take part in a training exercise at their base camp in the forest in Myanmar's northern Shan State
IMAGE SOURCE,GETTY IMAGES

Before managing to defect, Maung Sein’s unit was ordered to “attack and destroy” a PDF training camp.

The operation didn’t go well. Seven of his fellow soldiers were killed before they were ordered to retreat. “They [the PDF] have a better strategy,” he says, “which makes them stronger.”

The PDF enjoys widespread public support and villagers provide intelligence about the military’s movements and shelter the young militia fighters.

亡命する前、Maung Seinがいた部隊はPDFの訓練所を攻撃し、破壊することを命じられた。

作戦はうまくいかなかった。撤退を命じられる前に、仲間の兵士7人が殺された。「PDFの方が戦略に長けているし、それが彼らをより強くしている」と彼は言う。

村人たちは、軍の動きに関する情報をPDFに提供し、若い民兵らを匿っている。

Capt Zay Thu Aung
IMAGE SOURCE,ANDRE MALERBA/BBC
Zay Thu Aung少佐

Capt Zay Thu Aung spent 18 years in the air force. He defected a year after the coup in February 2022.

“They are under attack across the country,” he says, reflecting on the state of Myanmar’s army, “and they don’t have enough men to fight back.”

This is why, he says, the military is increasingly using the air force.

In recent months the military has carried out devastating air strikes across the country. Since January there have been more than 200 reports of air attacks. The deadliest airstrike hit the Pa Zi Gyi village in Sagaing region in April, killing more than 170 people, including many women and children.

“Without the air force, it’s very likely that the military will fall,” Capt Aung predicts.

Zay Thu Aung少佐は、空軍に18年間勤務した後、2022年2月のクーデターから1年後に亡命した。

“全国で攻撃を受けている “とミャンマー軍の状況を振り返り、”反撃のための人員が足りない “と語る。

そのため、軍は空軍を使うことが多くなっている。

ここ数カ月、軍は全国で壊滅的な空爆を行っている。1月以降、空爆の報告は200件以上。4月に起きた最も大きな空爆では、サガイン地方のパ・ジ・ギ村が襲われ、多くの女性や子どもを含む170人以上が死亡した。

「空軍がなくなれば、軍は崩壊する可能性が高い」とZay Thu Aung少佐は予測する。


Like the other defectors, everyone in his family was proud of him when he was chosen as an air force cadet. In those times, he says, it was an honour to be part of Myanmar’s military. The coup, he says, “pulled us down the abyss”.

空軍士官候補生に選ばれたとき、家族の誰もが彼を誇らしく思ったという。当時は、ミャンマー軍の一員であることは名誉なことだったという。クーデターにより「奈落の底に引きずり込まれた」という。

“Most of the people I lived with in the air force were not bad people. But since the coup, they’ve been acting like monsters.”

「空軍で一緒に暮らしていた人たちのほとんどは、悪人ではなかった。でも、クーデター以来、彼らはモンスターのように振る舞うようになってしまった。」

He’s the only one in his unit who has defected, though. Most of his friends have “kept fighting against my people”, he says.

Capt Aung says it’s not easy to leave after being “indoctrinated for years” and that he, too, feared being seen as a traitor. “There is a saying in the Myanmar military that you leave when you’re dead.”

彼の部隊で亡命したのは彼だけ。ほとんどの仲間は「同胞と戦い続けている」と言う。

「何年も教え込まれた」後に離脱するのは容易ではなく、自分も裏切り者とみなされるのを恐れた。ミャンマー軍には「死んだら出て行け」という諺もある。

Women holding banners, emergency flare sticks and fire sticks as they march during a demonstration against the military coup in Yangon in July 2021
IMAGE SOURCE,GETTY IMAGES

Despite the Myanmar military’s critical role in the country’s affairs, its exact size is unknown. Most observers estimate at the time of the coup it was around 300,000 but now is much lower.

The resistance has used new technologies like video games alongside traditional crowdfunding mechanisms to raise money, much of it individual donations from the diaspora.

They have managed to raise significant sums this way but they lack access to military grade weapons or fighter jets.

ミャンマー国軍は、国政において重要な役割を担っているにもかかわらず、その正確な規模は不明である。クーデター当時は30万人程度だったと推測されるが、現在はもっと少なくなっている。

抵抗勢力は、従来のクラウドファンディングの仕組みに加え、ビデオゲームなどの新しい技術を駆使して資金を集め、その多くは個人献金である。

この方法でかなりの額を集めることができたが、軍用武器や戦闘機は簡単に入手でき流ものではない。

Russia’s role ロシアの役割 

Before defecting, Capt Aung worked on a major upgrade of the capital Naypyidaw’s airport to prepare for the arrival of advanced fighter jets from Russia, the Sukhoi Su-30.

Zay Thu Aung少佐は亡命前、ロシアからの最新鋭戦闘機スホーイSu-30の到着に備え、首都ネピドーの空港の大規模改修に携わっていた。

Satellite image of the sheds build for the Su-30 M's
IMAGE SOURCE,GOOGLE EARTH

Capt Aung says as part of the agreement two test pilots from Russia and a repair crew of 10 people would stay for “one year during the entire warranty period”.

Others from the Myanmar air force were sent to Russia. “Altogether more than 50 people were sent to be trained to operate these planes,” he tells us.

Two of the six fighter jets have arrived in Myanmar and been put on display at military parades. They have not yet been sighted in the conflict.

Zay Thu Aung少佐によると、契約の一環として、ロシアからのテストパイロット2名と修理クルー10名が「保証期間中の1年間」滞在することになった。その他、ミャンマー空軍からロシアに派遣された者もいる。「合計で50人以上が、この飛行機を操作するための訓練を受けるために派遣されたのです」と彼は語る。

6機のうち2機はミャンマーに到着し、軍事パレードで展示されている。しかし、紛争地ではまだ目撃されていない。

In the face of international sanctions and condemnation from its neighbours, the Myanmar military has become increasingly isolated. The latest round of UK sanctions in March attempted to target the military’s access to fuel.

But Russia – who has long-running ties with the Myanmar military – has stepped up to become their strongest foreign backer.

国際的な制裁や近隣諸国からの非難に直面し、ミャンマー軍はますます孤立を深めている。3月に行われた英国の最新の制裁措置は、軍の燃料入手を狙ったものであった。

しかし、ミャンマー軍と長年の関係を持つロシアは、依然としてミャンマー軍を強力に支援している。

Russian President Vladimir Putin met Myanmar junta leader Min Aung Hlaing on the side lines of the 2022 Eastern Economic Forum in Vladivostok in 2022
IMAGE SOURCE,GETTY IMAGES
2022年 ミャンマー国軍を率いるMin Aung Hlaingとロシアのプーチン大統領

The United Nations Special Rapporteur for Myanmar, Tom Andrews, says Moscow is by far Myanmar’s largest arms dealer. According to his report released in May, Russia has shipped over 400 million dollars’ worth of arms to Myanmar since the coup.

These come from 28 Russian entities, including state-owned ones. The report says 16 of those suppliers have been sanctioned by some countries for their role in Russia’s war in Ukraine. And that these weapons have been used to “commit probable war crimes and crimes against humanity” in Myanmar.

国連のミャンマー担当特別報告者トム・アンドリュースは、モスクワはミャンマーにとって圧倒的に大きな武器商人であると述べる。5月に発表された報告書によると、ロシアはクーデター以来、4億ドル以上の武器をミャンマーに出荷している。

これらは、国有企業を含む28のロシア企業によるものである。これらの供給者のうち16社は、ロシアのウクライナ戦争に関与したため、いくつかの国から制裁を受けている。そして、これらの武器は、ミャンマーで「戦争犯罪や人道に対する罪を犯す可能性が高い」ために使用されてきたという。


Capt Aung in front of a laptop
IMAGE SOURCE,ANDRE MALERBA/BBC

From his hideout across the border in Thailand, Capt Aung now shares his air force intelligence with those like her, fighting for democracy.

“By listening to the sound at night, can we distinguish between a fighter jet and a civilian plane?” comes the crackled voice over Zoom in the back room of his house.

国境を越えたタイの隠れ家から、Zay Thu Aung少佐は今、Khin Seinさんのように民主化のために戦う人たちに空軍の情報を伝えている。

「夜中に音を聞いて、戦闘機と民間機を見分けることができますか?」彼の家の奥の部屋で、ズーム越しにひび割れた声が聞こえてくる。


It is complex for him, “on a personal level, my brothers, friends and teachers whom I lived with, I have no hatred for them,” he tells us.

But this cause is bigger. “It’s not about individuals, we are fighting an institution.”

And he’s happy, he says because “I’m working for my country. I’ll support the revolution in whatever way I can until it’s over.”

「一緒に暮らした兄弟や友人、教師たちに個人的な憎しみはない」と語る少佐には、複雑な思いがある。

しかし、大義のために戦う以外に道はない。「個人ではなく、組織と戦っているのです。」

そして、彼は幸せだと言う。「私は国のために働いているのだから。革命が終わるまで、どんな形であれ、私は革命を支持します。」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

Drone footage: Burnt village in Myanmar ドローン映像:焼け跡と化したミャンマーの町Drone footage: Burnt village in Myanmar ドローン映像:焼け跡と化したミャンマーの町

Reuters shares drone footage and a report on the Myanmar military burning villages. Below is a Japanese translation. ロイター通信が伝える記事の日本語の要訳をお届けします。国軍の攻撃を受け、焼け跡と化したミャンマーの村の様子をドローンカメラが映し出しています。 4月14日(ロイター) – ミャンマー中部の仏教の中心地、静かな川沿いの村、Binビンに残ったのは、瓦礫と灰、一基の黄金のパゴダのみ。人々が建てた木とレンガの家は、ほぼ残っていない。  活動グループData For Myanmarがによると、昨年のクーデターへの反対を抑え込もうとするミャンマー国軍によって、今年に入ってから100以上の村が部分的または完全に焼かれている。軍が破壊した民間建物や家屋は5500以上にのぼる。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial