Many Schools Still Closed in Myanmar 学校に通えない子供たち

*英語に続いて日本語

This is a report on the present educational environment in Myanmar.  It has been compiled using news resources, and first person accounts. 

All the schools had been closed for the 2020-2021 academic year due to Covid 19 pandemic.  

On February 1, 2021, the military staged a coup d’eta. 

Civil Disobedience Movement

Many citizens of Myanmar rejected the legitimacy of the coup and began to take part in the The Civil Disobedience Movement (CDM). Many public officials, including school teachers, refused to work under the tyranny of  the dictatorship.  Because of the teachers’ involvement in the CDM, the possibility of school reopening had become doubtful.  

The junta forced the opening of the Basic Education level on June 1 (Myanmar academic school year starts in June.) In a cosmetic effort  to show they were doing good, the junta cleaned the school compounds and gave out presents to entice the parents to return their children to school. And in some places, security officials were put in place to keep a close watch on the classes.  However, in so many places, the percentage of students attending has been very low and there were many places where the junta could not open schools. Because of Covid’s severe impact on Myanmar, the schools were forced to close again on July 9.  

Since the covid situation has been  improving the junta reopened the school again on November 1.  There are 530,430 registered students in Yangon, but according to Mizzima-Burmese News, there were only 82,278 students attending.  On the 2nd of November, in different places in Mandalay, the junta officers asked people to send their children to school.  They even went to the schools to meet students according to the Mizzimma-Burmese News.  

On the other hand, democracy activists and some PDF (People Defense Force) urged parents to take part in CDM by not sending their children to school.  

Life is Far from Normal

On November 7th, at around 7 PM, a bomb exploded near the gate of Basic Education High School No. 7 in Myitkyina in Kachin State, reported by the 74 Media.  No one was hurt.  

According to Zalen media, in Chin State, schools are open in only 4 cities: Tonzang, Tedim, Matupi and Paletwa.  No schools have been opened in Upper Sagaing, Upper Magway and Kayah State.   

There is no sign when things will return to normal for the children of Myanmar. 

今回はミャンマーの現在の教育環境についてのレポートです。ニュース資料や個人の証言をもとにまとめられています。

2020年から2021年にかけて、新型コロナウィルスのパンデミックによりすべての学校が閉鎖されていました。 

そして2021年2月1日、軍部がクーデターを起こしました。

市民による不服従運動 – CDM

ミャンマーの多くの市民はクーデターの正当性を否定しCDM – Civil Disobedience Movement(市民不服従運動)に参加し始めました。教師をはじめとする多くの公務員が、独裁政権の圧政の下で働くことを拒否しているため、学校再開の可能性も危ぶまれています。

そんな中、6月1日、国軍は基礎教育レベルの開校を強行しました。(ミャンマーの新学期は6月開始)自分たちが良いことをしているという体裁を整えるために、学校の敷地内を掃除したり、プレゼントを配るなどして、保護者が子どもたちを学校に戻すよう働きかけました。授業を見守るために警備員が配置された学校もありました。 それでも、生徒の出席率は非常に低く、開校できない地域も多くありました。そして、コロナウィルスの感染拡大を受け、7月9日には再び学校を閉鎖せざるを得ませんでした。

コロナの感染状況が改善してきたため、11月1日から学校が再開されました。 ヤンゴンには530,430人の登録生徒がいますが、Mizimma-Burmese Newsによると、出席したのは82,278人でした。 11月2日、マンダレーのさまざまな場所で、国軍の役人たちが人々に子供たちを学校に通わせるように頼んだり、学校に行って生徒に会ったりもしたということです。

一方、民主運動家や一部のPDF-People Defense Force(国民防衛隊)は、子供を学校に送らないことでCDMに参加するよう、保護者に呼びかけを続けています。

日常とは程遠い生活

11月7日午後7時頃、カチン州Myitkyinaの基礎教育高校第7校の門の近くで爆弾が爆発したと74メディアが報じました。 怪我人はいませんでした。 

Zalenメディアによると、チン州では、4つの都市(Tonzang、Tedim、Matupi、Paletwa)でのみ開校中。 北サガイン、北マグウェ、カヤーの各州では学校はいっさい開校していない。  

ミャンマーの子供たちはいつ、通常の学校生活に戻ることができるのか。残念ながらその兆しはまだありません。

PhotoCredits@Zelen Media, Mizimma News

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Related Post

“The scariest thing is the world thinks that Myanmar is peaceful, that things have returned to normal under the military’s rule” 「一番怖いのは、ミャンマーは平和で、軍事政権下で通常の生活に戻っていると、世界に思われることです」“The scariest thing is the world thinks that Myanmar is peaceful, that things have returned to normal under the military’s rule” 「一番怖いのは、ミャンマーは平和で、軍事政権下で通常の生活に戻っていると、世界に思われることです」

Today, we are sharing a story from NHK World Japan. Below, is a Japanese translation.NHK World Japanのニュースの和訳です。 ミャンマーでは、軍事政権が村全体を焼き払い、何千もの家が放火されている。放火は反対派の拠点である中部マグウェイ地方と北西部のサガイン地方に集中しているようである。 内戦が激化する中、日本に住むミャンマー人夫婦Win KyawとMathidaは、祖国で何が起きているのかを理解するため、地元の人たちから動画や報告を受け取り、証拠を集めている。 「4月29日以降、軍は重火器を使っている」と、ある村人は報告し、財産が無差別に焼き払われていると語った。 マグウェイ地方のガンガウという町から最新情報を伝えた男性は次のように語る。 「この地域では18の村が攻撃され、680軒の家が放火された。多数の若者の死体も発見された。合計57人だ。戦闘中に死亡した者もいれば、連行され殺害された者もいる。手を後ろに縛られた遺体も見た。」 MathidaとWin Kyawのスマートフォンには、地面に倒れた遺体の写真も送られてきている。

Drone footage: Burnt village in Myanmar ドローン映像:焼け跡と化したミャンマーの町Drone footage: Burnt village in Myanmar ドローン映像:焼け跡と化したミャンマーの町

Reuters shares drone footage and a report on the Myanmar military burning villages. Below is a Japanese translation. ロイター通信が伝える記事の日本語の要訳をお届けします。国軍の攻撃を受け、焼け跡と化したミャンマーの村の様子をドローンカメラが映し出しています。 4月14日(ロイター) – ミャンマー中部の仏教の中心地、静かな川沿いの村、Binビンに残ったのは、瓦礫と灰、一基の黄金のパゴダのみ。人々が建てた木とレンガの家は、ほぼ残っていない。  活動グループData For Myanmarがによると、昨年のクーデターへの反対を抑え込もうとするミャンマー国軍によって、今年に入ってから100以上の村が部分的または完全に焼かれている。軍が破壊した民間建物や家屋は5500以上にのぼる。