Rice Arrives to Satawm Refugees 避難生活を送るサタウム村民に米が届きました

In October, HMJ was able to send  about 800 US$ (95,000 Yen) to buy rice and medicine for the Satawm villagers. 

Unfortunately, volunteers did not feel safe to carry the bags to Satawm because of the junta invading Chin State. The bags of rice got stuck on the way, hence, only some medicine was distributed on October 18, 2021.

Finally on November 15, 2021, 13 bags of rice (50kg each) arrived for distribution.

This time, however, rain was the obstacle. (June to October is monsoon season in Myanmar)

Because there are no proper roads, heavy rain makes it almost impossible or dangerous for vehicles. There was no choice but to distribute the rice at a different location, where it took hours for some villagers to get there.

Despite the harsh conditions, we are glad to finally be able to deliver the rice and some more medicine. 

Thank you so much to those who donated.

2021年10月、避難生活を送るサタウム村の人々に米と医薬品を届けるために800ドル(¥95,000)をHeartship Myanmar Japanから送金しましたが、国軍がチン州を攻撃していたことから、米を運び入れることは危険との判断で途中までしか輸送することができませんでした。そのため、10月18日に最低限の医薬品のみの配布を実施しました。

その後、ようやく13袋(1袋50kg)の米が到着し、11月15日に配給することができました。

しかし、6月から10月はミャンマーの雨季と重なるため、今度は雨に悩まされました。

舗装された道路がないため、雨季は車両の通行が危険でほぼ不可能となります。離れた場所で配布を実施することになったため、何時間も歩かなくてはならない村民もいました。

厳しい状況でしたが、なんとか無事に米と追加の医薬品を届けることができました。

寄付していただいた皆様、本当にありがとうございました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Related Post