Attack Continues in Thantlang City 攻撃が続くタンタラン市

The photo shows the beautiful Thantlang city, which is now gone. We made a report about Thantlang city in October.  This report will give an update on that precious report.

写真は、今はなき美しいタンタラン市を上空からとらえたもの。10月にお伝えしたThantlangタンタラン市のその後の状況をお伝えします。

Burning Houses

On September 18, 2021 the junta had set buildings on fire and killed a pastor who had been there to help and extinguish the fire.  On that day alone, 19 houses were burnt to the ground. 

Since then, the junta has invaded the city 11 times and altogether, 530 homes have been destroyed  including 4 churches and orphanages. This means means more than 25% of the finest  houses have been intentionally  destroyed by junta arsonists. 

The houses that have been burnt down are located on the main street and are reported  to be the finest houses in town.  

Tragic Deaths

On December 8, once again the junta came to Thantlang and were about to set fire to one of the churches. CDF(Chin Defense Force) -Thantlang tried to stop them, but unfortunately, they were ambushed by the junta. Many were injured, and 3 killed.  Their bodies were retrieved on December 9, and were sent to their respective villages on December 10, where they were buried with Christian burial.  CNJ has reported that their heads had been cut off.

Tough Road to Recovery

Thantlang is located in Chin State, which is the least developed area in Myanmar. Therefore, rebuilding the city will be extremely difficult. Construction supplies are not available in the near areas, so everything must be carried from far away on undeveloped roads. It is said that building houses in Thantlang costs double or even triple compared to Yangon.

Most of the citizens have fled the city after the first attack in September in fear of being killed. Today, more than 3 month later, about 7,500 Thantlang citizens are refugees in Mizoram State, India, and 8,500 are hiding in nearby villages.

燃える家々

2021年9月18日、軍が市の建物に火を放ち、消火活動にあたった牧師を殺害しました。 その日だけで19軒の家が焼失しました。

それ以来、軍は11度にわたりタンタラン市を攻撃しています。4つの教会、孤児院を含む530軒の家が破壊されました。市の25%以上の住宅が放火により意図的に破壊されたことになります。

また、焼失した家は主に大通りに面した立派な家が多いと言われています。 

悲惨な死

12月8日、またも軍がThantlangにやってきて、教会の一つに火をつけようとしました。CDF(Chin Defense Forceチン防衛軍)-タンタランは彼らを止めようとしましたが、不幸にも待ち伏せされ、多くが負傷、3人が死亡しました。 遺体は12月9日に回収され、12月10日にそれぞれの村に運ばれ、キリスト教式で埋葬されました。 CNJ(Chin News Journal) によると、彼らの頭は切り落とされていたそうです。

復興は困難

タントランは、ミャンマーの中でも開発が遅れているチン州に位置しています。そのため、再建は非常に困難です。近場では建設資材が手に入らず、未整備の道路を使って遠くから運ばなければなりません。タントランの住宅建設費はヤンゴンの2倍、3倍とも言われています。

9月に最初の攻撃を受けた後、市民のほとんどは殺されることを恐れて逃げ出しました。それから3ヶ月以上が経過した現在、約7,500人のタントラン市民がインドのミゾラム州に避難し、8,500人が近隣の村に身を寄せています。

PhotoCredits@Zalen / Chin News Journal (CNJ)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Related Post

Myanmar banns local possession of foreign currency ミャンマー、外貨の保有を禁止Myanmar banns local possession of foreign currency ミャンマー、外貨の保有を禁止

This is an edited version of an article in Asia Times. This new policy is directly affecting our partners in Myanmar. 短く編集したAsia Timesの記事とその和訳をご紹介します。今回の措置は、ミャンマー在住のハートシップの協力者たちの生活にも影響を与えています。 New measures

Confirmed deaths of NGO staff by the military / 軍によるNGOスタッフ殺害が明らかにConfirmed deaths of NGO staff by the military / 軍によるNGOスタッフ殺害が明らかに

Latest reports confirmed the deaths of Save the Children staff. (The following is a Japanese translation of the report by NHK World-Japan.)国軍による攻撃でNGOセーブ・ザ・チルドレンのスタッフも殺害されていたことが明らかになりました。以下、NHK World-Japanの報道内容の和訳です。 ミャンマー軍がNGOスタッフを殺害 国際支援団体セーブ・ザ・チルドレンは、ミャンマー東部で遺体が発見された民間人犠牲者35人の中に、現地スタッフ2人が含まれていると発表しました。

“The scariest thing is the world thinks that Myanmar is peaceful, that things have returned to normal under the military’s rule” 「一番怖いのは、ミャンマーは平和で、軍事政権下で通常の生活に戻っていると、世界に思われることです」“The scariest thing is the world thinks that Myanmar is peaceful, that things have returned to normal under the military’s rule” 「一番怖いのは、ミャンマーは平和で、軍事政権下で通常の生活に戻っていると、世界に思われることです」

Today, we are sharing a story from NHK World Japan. Below, is a Japanese translation.NHK World Japanのニュースの和訳です。 ミャンマーでは、軍事政権が村全体を焼き払い、何千もの家が放火されている。放火は反対派の拠点である中部マグウェイ地方と北西部のサガイン地方に集中しているようである。 内戦が激化する中、日本に住むミャンマー人夫婦Win KyawとMathidaは、祖国で何が起きているのかを理解するため、地元の人たちから動画や報告を受け取り、証拠を集めている。 「4月29日以降、軍は重火器を使っている」と、ある村人は報告し、財産が無差別に焼き払われていると語った。 マグウェイ地方のガンガウという町から最新情報を伝えた男性は次のように語る。 「この地域では18の村が攻撃され、680軒の家が放火された。多数の若者の死体も発見された。合計57人だ。戦闘中に死亡した者もいれば、連行され殺害された者もいる。手を後ろに縛られた遺体も見た。」 MathidaとWin Kyawのスマートフォンには、地面に倒れた遺体の写真も送られてきている。