“Sometimes we have to run away from the police” 「警察に追いかけられることもあります」

Another interview from the people who are struggling in Myanmar today. The talk took place after our latest rice donation.

ミャンマーで今、必死に生活している人々に話を聞きました。米の配布を実施した日のインタビューです。


“We are so grateful, happy about the rice donation. It is really helpful. “

“This is a very hard time. Food is so scarce, so we are so thankful.  We don’t have enough food to eat.  Two pyis is a lot for us.” (1 pyi =2kg)

“There was an old lady, Daw Phyu, who didn’t get the rice, but the staff personally stopped to give her rice.”

“We earn 2500 Kyats (about US$1.50) a day as Pa-Laung-Koh (=collecting and selling plastic). It’s not considered as a real job, and sometimes we have to run away from the police.”

「お米の寄付にとても感謝しています、嬉しいです。本当に助かりました。」

「今はとても大変な時期です。食料が不足しているので、とてもありがたいです。 2パイの米は十分な量です。」

「お米をもらえなかったDaw Phyuという、おばあさんがいたのですが、スタッフが自ら足を止めてお米をあげてくれました。」

「Pa-Laung-Koh(=プラスチックを集めて売る)で1日2500チャット(約200円)稼いでいます。正式な仕事ではないので、警察から追いかけられることもあります。」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

“I’m so happy to be able to go back to school.” 「また学校に行けるようになって、うれしいです」“I’m so happy to be able to go back to school.” 「また学校に行けるようになって、うれしいです」

Here is an interview of Lal Biak Muana, 8 years old, one of the students in Satawm village where Heartship Myanmar Japan is supporting education.ハートシップ・ミャンマー・ジャパンで教育支援を実施しているSatwm村のLal

“If this continues, they will be lost in the future without proper education.” 「このまま教育を受けずに大人になれば、未来を描くことができません」“If this continues, they will be lost in the future without proper education.” 「このまま教育を受けずに大人になれば、未来を描くことができません」

Here is an interview with one of the parents in Satawm village, where Heartship Myanmar Japan has helped to restart education. ハートシップからの寄付で この夏から学校が再開したチン州サタウム村から、保護者のインタビューが届きました。 “The school