“Five dead after Myanmar security forces ram car into Yangon protest” 「ヤンゴン市内で抗議活動中の市民に国軍の車両が突っ込み5人死亡」

Incident Making International Headlines

For the full story, please go to the Reuters news site.

PhotoCredit@Reuters

今朝ヤンゴンで起きた事件について、メディア各紙が伝えています。ロイターの記事のリンクをシェアしますが英文のみなので以下、記事の和訳をつけます。

************************************************

12月5日 ロイター

日曜日の朝、ヤンゴンで行われていた反クーデターのデモに、ミャンマー国軍が車で突っ込み、5人が死亡、少なくとも15人が逮捕されたと、地元のニュースポータル「ミャンマー・ナウ」が報じた。

現場での目撃者はロイターに対し、数十人が負傷したと語った。ソーシャルメディアにアップされた写真や動画には、デモ隊を突き破って突っ込んだ車や、道路に横たわる遺体が写っている。

午前中にこのような事件があったにもかかわらず、午後にはヤンゴンで別の抗議活動が行われた。

2月1日のクーデター以来、1,300人以上が殺害されたにもかかわらず、反軍事的な抗議活動が続いている。これらは、ノーベル賞受賞者のアウンサンスーチー氏が率いる選挙で選ばれた政府を転覆させ、軍政を復活させたことに反対の声を上げる小グループが多い。

野党の影の政府は、平和的なデモ参加者が墜落し、銃殺されるのを見て心を痛めていると述べた。

“非武装の平和的な抗議者に対し、残酷に、非人間的に殺害したテロリスト軍に強く対応する “と、国民統一政府の国防省は日曜日の攻撃の後、ソーシャルメディアで声明を発表した。

午前中の事件では、ミャンマー最大の都市ヤンゴンで行われた「フラッシュモブ」と呼ばれる抗議活動中に、開始から数分後に車両が突っ込んだと目撃者が語っています。

“私はトラックの前で殴られて倒れました。兵士がライフルで私を殴りましたが、私は防御して彼を押し返しました。その後、ジグザグに逃げる私に銃を撃ってきたが、幸いなことに逃げることができました」と、安全上の理由から名前を伏せた抗議者はロイター通信に電話で語っています。

2人の目撃者によると、兵士の乗った車が群衆の背後から襲いかかり、散り散りになったデモ参加者を追いかけて逮捕し、殴りつけたという。目撃者によると、頭に傷を負った重傷者や意識不明の者もいたという。

政権与党のスポークスマンは、日曜日のコメントを求める電話に答えなかった。

軍部は、殺害された抗議者たちが暴力を扇動したと言っています。軍は、スーチー氏の政党が勝利した11月の選挙が不正に行われたためにクーデターを起こしたとしている。選挙管理委員会は、この主張を否定している。

国連の推計によると、北部と東部の辺境地域における少数民族の反乱軍との戦いは、クーデター以降大幅に激化し、数万人の民間人が避難している。

76歳のスーチー氏は、扇動やCOVID-19プロトコルの違反など、12件の容疑をかけられているが、これまですべての容疑を否認している。

PhotoCredit@Facebook group

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Related Post