We Don’t Know When the Next Meal Will Be 次の食事がいつできるかわかりません

An interview from the people we were able to help last November. We are planning our next donation very soon.

11月の食糧配布時のインタビュー。近日中に次の配布ができるよう、現在計画中です!


“People who are living here are facing great trouble especially these days. 

Some go to different places such as trash sites looking for plastics, to collect and sell.  

Some are beggars. 

There were some donors before but they donated to houses who live on the main road and we had always been somehow skipped.  Therefore, we thank you so much and we are so grateful that we don’t even know what to say.  

Most of us are not sure when we can have the next meal.  Receiving rice today, we don’t have to worry about tomorrow or even for some families the next 2 days.  

Rice is the main food so please kindly donate rice the next time.  

We are so grateful and we pray that you would be able to donate a lot more in the future.”

「この地区に住んでいる住民は、今はみんな生活が苦しいです。

ゴミ捨て場でプラスチックを集めて売る人も多いし、物乞いも多い。

前にも食料を配ってくれた団体がいたけど、大きな通り沿いの家だけに配られて、うちはなぜか飛ばされてしまった。だから、今回私たちに配ってもらえて、なんとお礼を言えばいいかわからないくらい本当にありがたいです。

次はいつ食事ができるか、わからない人がほとんどです。今日お米をもらえたので、明日のことを心配しなくていい。小さな家族だったら2日間は食事の心配をしなくていいんです。

お米は主食なので、次があればぜひまたお米をお願いします。

本当にありがたいし、また寄付していただけるよう祈っています。」

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Related Post

“If this continues, they will be lost in the future without proper education.” 「このまま教育を受けずに大人になれば、未来を描くことができません」“If this continues, they will be lost in the future without proper education.” 「このまま教育を受けずに大人になれば、未来を描くことができません」

Here is an interview with one of the parents in Satawm village, where Heartship Myanmar Japan has helped to restart education. ハートシップからの寄付で この夏から学校が再開したチン州サタウム村から、保護者のインタビューが届きました。 “The school