Refugees displaced by conflict in Myanmar now more than 1 million ミャンマー紛争での避難民、100万人を突破


This is an edited version of an article by rfa.
rfaの記事を短く編集したものを紹介します。

The number of internally displaced persons (IDPs) in Myanmar has surpassed 1 million people for the first time in the nation’s history, including nearly 700,000 forced to flee conflict and insecurity since the military’s coup in February 2021, according to a new report by the United Nations. In the latest update, the United Nations Office for the Coordination of Humanitarian Affairs (OCHA) said that the new estimate of IDPs includes around 346,000 internal refugees displaced by conflict prior to the coup, mainly in Rakhine, Kachin, Chin and Shan states.

ミャンマーにおける国内避難民(IDP)の数が、2021年2月の軍のクーデター以降、紛争や不安から逃れざるを得なかった約70万人を含め、同国の歴史上初めて100万人を突破したことが、国連人道問題調整事務所(OCHA)の新しい報告書で明らかになった。最新の推定値には、主にラカイン州、カチン州、チン州、シャン州で、クーデター以前の紛争によって避難した約34万6000人の国内難民も含まれている。

In the report, it was stated that

“Various parts of Myanmar have witnessed an escalation in fighting, further entrenching the already fragile humanitarian situation.”

「ミャンマーのさまざまな地域で戦闘が激化し、すでに脆弱な人道的状況がさらに深刻化しています。」

“The impact on civilians is worsening daily with frequent indiscriminate attacks and incidents involving explosive hazards, including landmines and explosive remnants of war.”

「無差別攻撃や、地雷など爆発性危険物を伴う事件が頻発し、民間人への影響は日々悪化しているのが現状です。」

地図の色が濃いほど避難民が多い

According to OCHA’s findings, thousands of IDPs who have already fled their homes are being forced to move for a second or third time, while more than 40,000 people have crossed borders into neighboring countries since the coup. Nearly 13,000 civilian properties have been destroyed in the fighting, which will complicate the return of refugees, even if the situation improves.

OCHAの調査結果によると、すでに家を離れた数千人の国内避難民たちは2度目、3度目の移動を余儀なくされており、クーデター以降、4万人以上が国境を越えて近隣諸国へ移動している。戦闘で破壊された民間の建物は1万3千件近くにのぼり、状況が改善されたとしても難民の帰還を複雑なものにするだろう。

Adding to the threat of violence, the increasing cost of essential commodities, such as food and fuel is also a concern. The average price of diesel in mid-April 2022 was nearly 2.5 times higher than it was in February last year.

暴力の脅威に加え、食料や燃料などの必需品の価格上昇も深刻で、2022年4月中旬のディーゼルの平均価格は昨年2月に比べ約2.5倍になっている。

“This inflation has affected people’s purchasing power and is starting to impact on the work of several clusters, particularly food security and shelter, who depend on commodities to implement their humanitarian programming,” OCHA said.

OCHA「このインフレは人々の購買力に影響を与え、食糧安全保障やシェルターなど、人道的プログラムを実施する活動に影響を与え始めている」

To make matters worse, coastal areas of Myanmar — including Rakhine, Kayin, Kachin and Shan states — have been battered by strong storms and heavy rain since April.

さらに悪いことに、ラカイン州、カイン州、カチン州、シャン州を含むミャンマーの沿岸地域は、4月以来強い嵐と大雨に見舞われている。

2022年5月 下痢症状に苦しむ避難民の子ども PhotoCredit@Citizen journalist

While local and international humanitarian organizations have been made aware of the needs, transportation complications — largely due to weather or conflict — have made it nearly impossible for aid to be delivered.

地元や国際的な人道支援組織がその必要性を認識しているにもかかわらず、天候や紛争による輸送の複雑化で、援助物資を届けることは、ほぼ不可能になっている。

“We are currently facing a shortage of food and tarps for shelter, as well as health problems,” said the resident, who spoke on condition of anonymity citing fear of reprisal. “It is the rainy season now and we are afraid of malaria, as we are living in the forests.”

「食糧やシェルター用の防水シートの不足に加え、健康問題にも直面しています。」と、報復を恐れて匿名を条件にとある住民が語る。「今は雨季で、森の中に暮らしているので、マラリアが心配です。

The junta’s Health Ministry recently said it had recorded 1,516 cases of dengue fever leading to two deaths in Myanmar in the nearly five months from January to May 20, adding that it expects a significant increase in cases this year.

ミャンマー国軍政府保健省は最近、1月から5月20日までの約5カ月間で、デング熱の患者を1516人(死者2名)記録したと発表し、今年は患者が大幅に増加する見込みであると付け加えた。

In Kayah state’s Phruso township, where clashes continue to occur frequently, an aid worker said that road closures due to weather have left more than 6,000 refugees dangerously short of food.

衝突が頻発するカヤー州のプルソでは、天候による道路閉鎖のため、6,000人以上の難民が危険なほど食料不足になっていると、援助関係者が話している。

“We can’t use the main road [due to fighting] and the roads we are using to deliver food and essentials now are very bad. When it rains continuously, the cars can slip off the road. ”

「(戦闘のため)幹線道路は使えず、食料など物資の配達は別の道を使っているが雨が降り続くと、車が道路から滑り落ちることがある。」

Landslides and floods in Chin state’s Mindat township have also made travel difficult, residents said. Nonetheless, sources in the area told RFA that the military has continued operations in the area, ignoring the growing number of refugees.

チン州のミンダットで起きている地滑りや洪水も、移動を困難にしていると、住民は言う。それにもかかわらず、軍は増え続ける難民を無視して、この地域での作戦を続けていると語った。

2022年5月 Kayin州の避難民 PhotoCredit@Karen Information Center

International aid distribution 国際援助物資の配布

The NUG, along with the Karen National Union (KNU), Karenni National Progressive Party (KNPP), and the Chin National Front (CNF) ethnic parties, issued a joint statement calling on ASEAN and the United Nations to refrain from sending humanitarian assistance for war refugees through the junta, saying that doing so would recognize the legitimacy of an illegal government and prevent aid from reaching those most in need.

NUGは、カレン民族同盟(KNU)、カレンニ民族進歩党(KNPP)、チン民族戦線(CNF)の各民族政党とともに、ASEANと国連に対し、戦争難民に対する人道支援を軍政権を通じて行わないよう求める共同声明を発表している。そうすることは違法政権の正統性を認め、援助を最も必要としている人々に届かなくなるとしている。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

Myanmar Soldiers Defect to Join Resistance ミャンマー国軍から脱走する兵士たちMyanmar Soldiers Defect to Join Resistance ミャンマー国軍から脱走する兵士たち

今回はフランスのメディアの記事を紹介します。以下、日本語訳です。Let us share an article from the French media, FRANCE24. ***************************** 「人々を守るために入隊したのに」 ミャンマー国軍から、推定2000人の兵士が亡命しているという。35万人の兵士が残っているとはいえ、脱走者が出れば軍部の支配力が弱まる可能性がある。 元ミャンマー国軍の兵士Yey Int Thweさん(*仮名)は、7月25日を「すべてが変わった」日として記憶している。30歳の彼は、10人ほどの兵士のグループの一員として、ミャンマーの首都ヤンゴン南東部の家に押し入っていた。彼らの任務は、ミャンマー国軍(Tatmadawタツマダ)の一員として、2月1日の軍事クーデターに対する抗議行動を組織したと疑われる人々を逮捕すること。そこでThweさんは、武装して手錠をかけられた自分のいとこと対面したのである。 「ショックでした。子供の頃から一緒に過ごしてきたのに、突然、彼と戦い、彼を逮捕することになったのです。彼が自分の意見を表明したから、というそれだけの理由で。」と、元兵士Thweさんはフランス24に語った。「軍隊を辞めなければならないと思った瞬間でした。」 その夜、彼は兵舎に戻り、脱走計画を練り始め、それから5ヵ月後の現在、ミャンマーとタイの国境近くのジャングルに身を隠して暮らしている。 「人々を守るために軍に入ったのに」 国家統一政府(NUG)によると、ミン・アウン・フラインが主導した2月のクーデター以降、2,000人の兵士が軍から離脱し、野党に合流していると言う。 ヒューマン・ライツ・ウォッチ、アジア部門副部長フィル・ロバートソンは、フランス24に対し、「ミャンマーでは、今ほどTatmadawタツマダ(*ミャンマー国軍の公式名)が嫌われていることはない」と語った。毎年、軍隊のメンバーは生活や労働条件に不満を持って離反している。しかし、今回は道徳的な理由が加わっている。兵士たちはもう政権を支持したくないのだという。 離反者の多くは、内戦状態のミャンマーで自国の人々に武器を向けることを拒否することが動機となっている。地元の活動家グループ「政治犯のための支援行動」(AAPP)によると、2月以降、国軍によって1,300人の民間人が殺害された。国連委員会は、軍によって行われた「人道に対する罪または戦争犯罪に相当する可能性のある違反」の証拠を発見している。 「2015年、私はアウンサンスーチー氏が民主的に選出された選挙で、投票所の安全を守るための警備にあたっていました。それが2021年には、軍が彼女を守る人たちを撃っています。軍隊が人を殺すのは我慢できません」と、Kaung Htet Aungさん(*仮名)はFRANCE

Myanmar charges Japanese journalist with encouraging dissent 日本人ジャーナリスト、扇動罪で起訴Myanmar charges Japanese journalist with encouraging dissent 日本人ジャーナリスト、扇動罪で起訴

*写真は2020年10月_ KYODO A Japan Times article. He is said to have been moved to a prison recently.軍が実権を握るミャンマーで逮捕、拘束されているドキュメンタリー映像作家の久保田徹さんについて、the Japan Timesの記事です。現在、警察署から刑務所に移送されたと伝えられています。 A Japanese journalist detained in Myanmar